1/26(金)、まっちゃんのブログで最近知った鹿沼市下遠部(板荷地区)のかまど倉~川化山(かわばけやま)を歩いて来た。
かまど倉は大洞穴と大岩壁が見どころで、山中は岩場の急登や険しい岩稜があるので注意を要する。
大洞穴内部から外側を見ると猫耳、又はハートの形に見える事から映えスポットとしても人気があるらしい。
映えスポットと言っても登山を知らない若者が気楽に行くような場所では無いが・・・
入山者の少ない山域なので多少の不安はあったが、要所には道標やロープが設置され整備が行き届いていた。

スクリーンショット 2024-01-27 071729


ゲートを開けて林道川化支線を進む。
自分はゲート前に駐車したが、その先にある墓地の駐車スペースも利用可。

IMG_2663



IMG_2665


林道終点からは作業道の様な荒れ気味の道を歩く。
かまど倉~川化山には整備された登山道は無く、作業道や尾根筋の踏み跡を辿って行く。
道標やロープは地元の方なのか?山林の所有者なのか?N.Wさんが整備に尽力されているらしい。

IMG_2671


里山あるある・・・倒木ゾーンを通過。

IMG_2673


野鳥が飛び交っていたのでレンズを向けた。
シジュウカラですね。

IMG_2674


やがて九十九折の急登を登り詰めると鉄塔の下に到着。

IMG_2678


鉄塔下から東方向の眺め。

IMG_2679


筑波連山遠望。

IMG_2680


かまど倉と川化山の分岐。
まずはかまど倉方面へ☜

IMG_2681



IMG_2682


鉄塔付近から望む日光連山。その手前は羽賀場山~鶏鳴山など。
日光の山は今冬1番の寒波で随分白くなった。
天気が安定すれば雪遊びも楽しめるであろう。

IMG_2685


かまど倉手前の展望岩から望む古賀志山方面。

IMG_2686


かまど倉山頂(556.7m)に到着。
山頂からの展望は無い。

IMG_2687


お目当ての大洞穴まではやや足場の不安定な急斜面を下降する。

IMG_2688



IMG_2690


山頂から15分程で(小)洞穴に到着。

IMG_2693


奥行きは数メートル程か?

IMG_2695


そこから更に急斜面を登って行くと(大)洞穴入り口に着く。
梯子、ロープを頼りに洞穴内部へいざ侵入!

IMG_2697


なる程、これが噂の猫耳🐱orハート💛か!
向こう側に見えるのはヒカゲツツジで知られる二股山だそうだ。

IMG_2701


洞穴探検を堪能した後は鉄塔下の分岐に戻り川化山への尾根道を行く。

IMG_2709


写真を撮る余裕は無かったが、直下の険しい岩稜を右側から巻いて川化山(497.5m)山頂へ。
ここで軽めのランチタイム。
「あ~疲れた、どっこいしょ」⇐心の声。

IMG_2715


山名板は大小3つあったかな?

IMG_2716


下山は道標に従い、昨年12月に開設されたばかりの新道を選択。

IMG_2717


途中の不明瞭箇所で半径10m範囲内のルートロストがあったものの無事に川化林道に合流。

IMG_2719


今日の「かまど倉くん」?

IMG_2720


駐車地のゲートに到着し安堵。

IMG_2721

久し振りに探検気分が味わえアドレナリン出まくりで楽しめた。
今日の入山者は自分一人だけだった様で実に静かな山歩きとなりました。
動物の気配も感じられなかったけど、運が良ければカモシカや鹿との遭遇もあり得るとか?

帰路、鬼怒川に架かる佐貫観音橋から望む冠雪の日光連山。
寒波が抜けた後は暫く雪遊びが楽しめそうですね。

IMG_2723

駐車地(8:26)➪かまど倉(9:34)➪大洞穴(10:00)➪川化山(11:20)➪ゴール(12:46)
歩行距離:7.0㎞、行動時間:4時間20分(休憩含む)