2023/11/22(水)、紅葉が見頃となった福島県矢祭町の滝川渓谷を初めて歩いて来た。
web情報によると阿武隈の秘境「滝川渓谷」は、全長3㎞の散策路内に見事な四十八滝が連続するとの事。
特に8合目の銚子の口滝付近は紅葉の最盛期を迎え、渓谷美と紅葉が織り成す錦繍の世界を堪能出来た。
山頂のお蕎麦屋さん「滝川の里」で十割手打ちざる蕎麦を頂き、お腹も満たされ大満足の山旅となった。
下山後は矢祭山公園散策のおまけつき。

午前8時39分、滝川渓谷入口駐車場(🚻有り)よりスタート。
因みに我が家から70数㎞、1時間50分でした。

IMG_1612


早々に奇麗なカエデの紅葉がお出迎え。

IMG_1614


重量制限有りの橋を幾つか渡って行く。

IMG_1615


最初に現れた滝は「おぼろ滝」。
滝らしい滝で自分好みである。

IMG_1622


無名の滝。
今日はコンデジに小さい三脚を取り付けての撮影。

IMG_1625


こちらは「鋸歯の滝」だったかな?

IMG_1632


無名滝も含めて次々に現れるので、滝の名前が怪しくなって来た。

IMG_1635


コース序盤の紅葉は色づきが浅く、もう暫くは楽しめそう。

IMG_1637



IMG_1639


中盤以降は徐々に色づきが増してくる。

IMG_1647


見返りの滝。

IMG_1659



IMG_1672


みすじ(三筋)の滝。

IMG_1678



IMG_1684


遊歩道は良く整備されている。
それに適度なアップダウン、鎖、四阿、観瀑台有り・・・と、変化に富んだ楽しいコース。

IMG_1695


後半は色鮮やかな紅葉が目を惹く。

IMG_1702



IMG_1714


せせらぎの滝。

IMG_1721



IMG_1723



IMG_1727



IMG_1729


梢越しに「乾杯の滝」。

IMG_1737


渓谷に日が射し込むと、紅葉はより一層鮮やか。

IMG_1739


日陰の黄葉も悪くない。

IMG_1743



IMG_1761



IMG_1767



IMG_1773


特に8合目付近は紅葉の最盛期を迎え素晴らしい景観。

IMG_1776



IMG_1777


「息を呑む美しさ」とは、正に目の前に広がるこんな光景を言うのだろう!

IMG_1779



IMG_1786



IMG_1787



IMG_1793


このコース1番の紅葉スポット、「銚子の口滝」へやって来ました。

IMG_1799



IMG_1800



IMG_1802


最盛期を迎え、素晴らしい景色でした。

IMG_1804



IMG_1811


滝口から。

IMG_1815


遊歩道が平坦になって来るとゴールも近い。

IMG_1818



IMG_1820


山頂のお蕎麦屋さん「滝川の里」に到着。

IMG_1821


今日は最初からこちらの蕎麦を頂く目的で何も持って来なかった。
十割手打ちざる蕎麦、美味しかったです。

IMG_1822


下山は往路を戻るだけ。

IMG_1829


滝川の里でスライドした健脚山女子のMさんに、あっと言う間に追い付かれた。
そのMさん、昨日は愛宕山~難台山往復15㎞、今日は午前中に滝川渓谷、そして午後は鍋足山だって。
何という体力・・・オイラには真似できない😅

IMG_1839


復路は日差しの加減で紅葉がより鮮やかに見えるので、往路と同じ場所で立ち止まってしまう。

IMG_1840



IMG_1842



IMG_1843


初めての滝川渓谷、良いタイミングで訪れる事が出来た。
Mさん情報によると、ヘビの多い夏以外がお勧めとの事。
春には色んなお花が咲くそうで、また季節を変えて訪れて見ましょう。

IMG_1845


下山後は帰路の途中で矢祭山公園周辺を散策。
余力があれば矢祭山登山も考えていたが、思った以上にキツそうだったので探鳥路などの遊歩道散策とした。

IMG_1848


こちらの紅葉もお見事!
ここ数日で急に色付きが増したとの事。

IMG_1850


紅葉スポット月見橋。

IMG_1854



IMG_1855



IMG_1859


久慈川に架かる矢祭町のシンボル「あゆの吊り橋」。

IMG_1873


吊り橋から望む矢祭山公園と矢祭山。
矢祭山とその対岸にある檜山は、機会があればセットで登りたい。

IMG_1878


散策後に香ばしい匂いに誘われて焼だんごを買う。

IMG_1879


対岸の紅葉を眺めながらベンチで頂く。

IMG_1847

次こそは奥久慈の真っ赤な紅葉だな。