この季節に行きたい場所が2つありました。
一つは群馬、新潟県境の三国峠から平標~仙ノ倉へと稜線続きの三国山、大源太山。
それとミズバショウが見頃を迎えた鳩待峠からの尾瀬ヶ原周遊。
色んな方の活動日記を元に気持ちは8割方尾瀬ヶ原行きに傾いていた。
2022/5/30(月)当日、尾瀬ヶ原ハイキングの準備をして家を出発。
ところが、日光のコンビニに立ち寄った際に、三国山~大源太山への思いが募り、衝動的に行先を変更。
結果、それは大正解でした。
稜線に咲くシラネアオイその他の花々は美しく、大源太山から望むシャチ模様の絶景は圧巻だった。
ただ、反省点としては持参した飲料水(1.5リットル)が足らず、軽い脱水症状を起こしてへばった事。
尾瀬ならこれでも問題無かっただろうけど、暑さの中での稜線歩きはちと厳しかった。

午前6時35分、国道17号新三国トンネルの群馬県側登山口からスタート。

IMG_9220


一登り(約30分)で三国峠に到着。
山行の安全を祈願。

IMG_9226


早くもお目当てのシラネアオイが登場。

IMG_9242


凄い群落・・・ミヤマスミレでしょうか?

IMG_9245


三国山山頂までは階段状の登山道が続く。

IMG_9246


レポで良く見る斜めった階段。

IMG_9251


稜線からの展望も良好。
逆への字、テーブルマウンテンの苗場山。

IMG_9255


山頂直下に咲く一際ゴージャスなシラネアオイ。

IMG_9258


三国山山頂(1636m)。
幸福の鐘は柱が折れて落下していた。

IMG_9264


白砂山方面でしょうか?
あちらの稜線もいつかは歩きたい。

IMG_9265


歩いて来た三国峠方面を振り返る。

IMG_9266


ここから先の稜線には花の種類も増えて来る。
ピカピカのイワナシ。

IMG_9290


進行方向に目指す大源太山、その後方にシャチ模様の平標山~仙ノ倉山。
う~ん、まだまだ遠いな・・・大丈夫か自分?

IMG_9300


早くもバテ気味ではあるが、谷川連峰の絶景に励まされ着実に歩を進める。

IMG_9301


足元に咲くイワカガミ。

IMG_9303


ミヤマキンバイ。

IMG_9305


ツバメオモト。

IMG_9316


笹薮からひょっこりはんのシラネアオイ。
厳しい自然の条件下に咲く花々は美しくも逞しい。

IMG_9329


オオバキスミレ。
茎が紅ければナエバキスミレかな。

IMG_9330


ムラサキヤシオ越しの苗場山。

IMG_9339


三角山手前の尾根には一部雪渓が残る。

IMG_9348


開花直前のツバメオモト大株。
葉っぱと蕾が愛らしい~♪

IMG_9349


雪渓を横断。
間違って真っすぐ行くと登山道から外れてしまう。

IMG_9351


ムラサキヤシオは絶好調。

IMG_9354


三角山とその後方に大源太山。
大分近づいて来た。

IMG_9361


この付近の笹の斜面にはシラネアオイがモリモリ咲いている。

IMG_9364



IMG_9367


三角山に到着。

IMG_9370


さあ、大源太山までは後一踏ん張り・・・って、これからが結構しんどかった(^^;)

IMG_9373


シラネアオイの大株。

IMG_9375


ヒメイチゲ。
他にはボツにしたショウジョウバカマ、タケシマランなど、沢山咲いていました。

IMG_9382


背丈の伸びた笹を掻き分けながら登って行くと、漸く大源太山山頂(1764m)へと到着。
勿論、貸し切り。

IMG_9385


では、山頂からの絶景を堪能しましょう。
名残りのミネザクラ越しに仙ノ倉山~エビス大黒の頭など。

IMG_9390


同じく谷川岳方面。

IMG_9396


平標山~仙ノ倉山。
あちらの稜線が花盛りになるのも近い。

IMG_9397


こんな絶景をおかずにランチタイム。
なのに、疲れ過ぎて食欲がない。
これからの下山がちょっと不安だな。

IMG_9403


下山時撮影のシャクナゲ。

IMG_9415


復路は三角山~ワラジカケマツノ頭への登り返しがきつかった。
三国山は巻道を経由。

IMG_9421


そんな中、足が攣りそうになりながらも花撮りスクワットは止められず。
ミツバオウレン。

IMG_9425


最後の登り返し。

IMG_9435


見納めのシラネアオイ。

IMG_9441


後ろ髪を引かれつつ登って来た稜線を振り返る。

IMG_9450

その後、脱水症状が原因の幻聴では無いだろうけど、三国峠付近の笹薮から野生動物の威嚇する様な「ウ~ッ、ウ~ッ」と言う唸り声が聞こえた。
まさか熊じゃないよね?
ヘロヘロになりながらも無事下山。
これからの季節、水分補給は大事ですね。