紅葉シーズンが終わると雪や樹氷(霧氷)で白くなった山の景色が見たくなる。
前日に強い寒気が入り、若しかしたら霧氷日和到来か?!
そんな期待を胸に向かった先は日光白根山。
今回は山仲間のkazuさんとaozoraさんの3人で、菅沼登山口から弥陀ヶ池~五色山~前白根山~五色沼の周回。
外輪山の稜線を歩きながら、白くなった白根山を眺めようと言う魂胆である。
お目当ての霧氷は白根山直下の日陰のダケカンバ林で見られ、それがキラキラと日に照らされて奇麗だった。
登山道は前日に降った雪が少し積もり、部分的に凍結していたので途中からチェーンスパイクを装着。
天気にも恵まれ、楽しい山旅となりました。

金精トンネル付近の道路脇にも積雪があったが、路面凍結は見られず一安心。
13日(土)午前7時、氷点下の菅沼登山口からスタート。

IMG_1209

本日の同行者は宇都宮市在住のkazuさん(右)とaozoraさん、宜しくお願いします。
お二人は今年4月の金精道路開通の時に同コースを歩く予定だったが、雪が深くて弥陀ヶ池までで断念。
今回はそのリベンジを果たす為の再訪となった。

まずは樹林滞の急登をえっちらおっちら。

1636800745539


kazuさんは5月のアカヤシオ、シロヤシオの高原山でご一緒した同年代の方。
aozoraさんはkazuさんの山仲間で、年齢は20歳ぐらい若い。

IMG_1211


ここいらでちょっと一息。

IMG_1213


森の中は一足早いクリスマス。
ジングルベルの歌が聞こえて来そう~♪

IMG_1216


やがて突然視界が開けるとそこは弥陀ヶ池。
思惑通りに積雪&霧氷で白くなった白根山が眼前にド~ン!

IMG_1223


美しい景色を前におっちゃん3人感激のポーズ!
こんな事やっていると勘違いされそうだけど・・・

1636800758102 (1)

決して絶景や映え狙いだけで山を歩いている訳じゃないんですよ。
そこにある風景が期待外れだったとしても、ありのままの自然を受け入れる事に意義があるのだ。

結氷した弥陀ヶ池。
スケートリンクじゃないので、くれぐれも乗らない様に・・・(笑)

IMG_1227


朝の内は強かった風も弱くなり、思いの外穏やかな山日和となった。

IMG_1230


男は黙ってアクエリアス!
今日は白根山には登らず見てるだけ~。

1636800758135


繊細な霧氷の付いたダケカンバ林。

IMG_1233


外輪山の霧氷は既に落ちてしまったが、この時期にこれだけ見られれば言う事なし。
これ以上育つにはもうちょっと厳しい条件が必要だったかな?

IMG_1235


分岐からは五色山へ。前白根山~五色沼を経由して戻って来る。
序盤は穏やかな登山道と思いきや、この後は大きく下っての登り返し。

1636802343770


雄大な白根山が見えれば立ち止まる。

IMG_1241


コバルトブルーの五色沼がチラリズム。

IMG_1243


爽快なる笹原の稜線歩き。
次はシャクナゲの咲く6月ごろに再訪したい。

1636802343817


3人が楽しみにしていた五色山からの絶景。
眼下の五色沼と白くなった白根山。

IMG_1247


反対側は雄大な男体山ファミリーが勢揃い。
こちら側の山々はまだ真っ黒だね。

IMG_1254


外輪山稜線を歩きながら、微妙に変化する景色を楽しむ。

IMG_1255



IMG_1257



IMG_1263


吉田拓郎ファンのkazuさん得意の「全部抱きしめて」ポーズ。

IMG_1266


前白根山頂上で3人のおっちゃん揃っての記念写真。

1636800902560


遠方に薄っすらと白い富士山が見えた。
望遠レンズを持参しなかったので、標準レンズで撮影した画像を超トリミング。

IMG_1270 (5)


白根山と五色沼の組み合わせは、前白根からのアングルがベストかな?

IMG_1275


山頂からの眺望を存分に楽しんだ後はゆるりと下山開始。

IMG_1279


絵になるおっちゃん二人。

IMG_1281


男体山と中禅寺湖の組み合わせ。

IMG_1284


避難小屋を通過して五色沼の畔へ。
こちらで暫しのランチタイム。

IMG_1285


五色沼から仰ぎ見る白根山の凛々しいお姿。
すっかり葉を落としたダケカンバが日に照らされて輝きを増す。

IMG_1288


突然現れた牡鹿。人間が近づいても全く逃げない。
聞いた話によると、非常識な登山者に餌付けされているらしい?

IMG_1301


ハート型のカワイイおちり♡

IMG_1302


五色沼からの最後の登り返しが、この日最もきつかった💦
我らおっちゃん3人組の平均ペースは70~90%でややゆっくり。
もう、無理できないお年頃だからね。

IMG_1307


弥陀ヶ池から逆光の白根山。
朝とはまた違った印象。

IMG_1312 (2)


樹林帯を一気に下って道が平坦になれば、間もなくゴール。
日向の雪はすっかり消えた。

1636802344005

加齢(華麗)なるおっちゃん3人の山旅はこれにて終了。
ご同行ありがとうございました。
尚、今回のレポはお二人から頂いた写真も掲載しました。

去る者は追わず、来る者は拒まず。