12月29日(火)、2020年の山登り納めに茨城県笠間市の笠間アルプスを縦走して来ました。
吾国山~難台山は3年前の2017年12月に道祖神峠を起点として登っている。
今回はJR水戸線の福原駅からスタートして吾国山~難台山~愛宕山を縦走し、常磐線・岩間駅までのロング。
帰りは鉄道を利用してスタート地の福原駅まで戻った。
登り納めは雪山に行きたい気持ちもあったが、先週土曜日のスッカン沢で痛めた右股関節に不安があり回避した。
距離16㎞、アップダウン連続の里山縦走でも特に問題なく、取り敢えず諸々の不安要素を払拭できたのは大きい。

当初の予定は福原駅から岩間駅まで移動しての時計回りであったが、電車待ちが40分となったのでここから反時計回りに変更。
何しろ今回の笠間アルプス縦走を決めたのは起床後で、その直前までは古賀志山に行くつもりであった。
なので、時刻表など調べもせずに行き当たりばったり、成り行き任せの計画。
駅前の駐車料金は1日210円也。

IMG_6498 (2)


駅員さんにハイキングコースの道順を尋ねて出発。

IMG_6500 (2)


朝の内は濃霧注意報が出ていたが、時間経過と共に晴れてきた。
目指す吾国山を視界に捉える。

IMG_6501 (2)


登山口からは暫しの急登。

IMG_6505 (2)


山頂直下のカタクリ群生地。
しっかりと保護されて大切に守られている印象である。

IMG_6507


吾国山山頂に鎮座する社殿。

IMG_6510 (2)


山頂から望む筑波連山。

IMG_6514 (2)


その山並みを墨絵風にアレンジ。

IMG_6517 (2)


他には遠く日光連山も確認できたが、霞が強く写真にはならず。
次なるピークを目指して吾国山を後にした。

IMG_6519


これから歩く難台山への連なる稜線は、里山とは思えない程に雄大である。

IMG_6520 (2)


3年前に駐車した道祖神峠を通過。

IMG_6522


これから難台山までの長い登りが始まる。

IMG_6523


登山道は地元山の会の方々により良く整備されている。
今日は「せとなさん」のお膝元にお邪魔しました。

IMG_6525

難台山まで後1㎞のところで逆コースから縦走して来たご夫婦とスライド。
お互いの健闘を祈りお別れした。
他にはトレイルランナーやハイカー数名とすれ違い。

予定通りのタイムで難台山に到着。気分的にはここで漸く半分。

IMG_6526


山頂から望む筑波連山。
この時点で早くもどんより曇り空となってしまった。

IMG_6527 (2)


おやつタイム後に再スタート。
大きな屏風岩。3年前はここまで足を延ばした。

IMG_6530 (2)


咲き残りのヤブツバキ。

IMG_6541 (2)


天狗の奥庭。
眺望はどこも同じなので省略。

IMG_6542


獅子ヶ鼻。木々が成長して眺望はイマイチ。

IMG_6548


その後も幾度かのアップダウンを繰り返し小ピークを越えていく。
大福山。

IMG_6551


ここまで体調は良好。
懸念されていた右股関節痛も発症しない。

IMG_6552


団子山の三角点から一気に下降して団子石、団子石峠へ。

IMG_6554


緩やかに登り返して南山展望台へ。
展望台は老朽化の為に現在は立ち入り禁止。

IMG_6556


最後のピーク愛宕山が見えてきたが、まだまだ遠い。

IMG_6559 (2)


順調に愛宕神社大駐車場に到着。

IMG_6560



IMG_6561


鳥居を潜って山頂のある愛宕神社へと向かう。

IMG_6562


間違って車道を進んでしまったが、こちらの石段を登るのが正解。

IMG_6564 (2)


お正月の準備が整う愛宕神社へと到着。

IMG_6568 (2)



IMG_6570


その奥にも社殿があったので行ってみた。
こっちが愛宕山の山頂かな?特に山名板は見当たらなかった。

IMG_6571 (2)


スタートしてから5時間30分、予定よりも30分早く常磐線・岩間駅に到着。
ジャストタイミングで電車が来たので乗り込む。成り行き任せの割には上手くいった(笑)
次の友部駅で水戸線に乗り換えスタート地の福原駅へ。運賃は420円也。

IMG_6576

何事もなく縦走を果たせた事で一先ず安堵。
これなら新年の雪山行きにGoサインを出しても問題ないだろう。