2020/8/20(木)、事前に申請していた有休を利用して福島県の安達太良山を歩いて来た。
安達太良山は今回で3度目となるが、いつもの様に奥岳登山口からの時計回り。
偶には別の登山口から歩くのも有りかと思ったんだけど、前夜に行先を決めたので詳細を調べるのが面倒。
あだたら高原スキー場までは一般道利用で片道120数㎞。コンビニやトイレに寄っても朝は2時間半で行ける。
帰りは交通量が多いので3時間弱。これ位なら高速を使わなくても十分な距離である。

登山口P(5:45)~安達太良山(8:25)~鉄山(9:08)~くろがね小屋(10:37)~登山口P(12:53)
休憩を含む行動時間は7時間08分でした。

午前5時半過ぎに駐車場に到着した時は僅か10台ほどの入り。
紅葉シーズンになると熾烈な争奪戦が繰り広げられるが、盛夏の今時期はこんなものであろう。

IMG_1528 (2)


さて、今日の福島県、下界ではこの夏最高の38℃の猛暑日となる予報。
序盤のゲレンデ歩きは背中に真夏の強烈な日差しを浴びながらの急登。
頭の天辺からつま先まで、あっという間に全身汗だく。

IMG_1534


熱中症予防のために水分補給は欠かせない。
ゲレンデ歩きが終わる頃にはお目当てのリンドウが見られた。
但し、この先は暫くお目にかかる事が無く、ギボウシ、ヤマハハコ、ヨツバヒヨドリなどが花盛りだった。

IMG_1540


五葉松平付近まで登り詰めると、やっと傾斜が緩んでやれやれ。
オニヤンマも羽休め。

IMG_1551


薬師岳からは展望が開けて、目指す安達太良山(乳首山)~鉄山の姿が現れる。

IMG_1553


二本松市方面はプチ雲海。
いや~、これは暑くなるぞ~💦

IMG_1555


高村光太郎の「智恵子抄」で有名になった「この上の空がほんとの空です」の碑。
今日はこの一節が頷ける程の素晴らしい安達太良ブルーの空。

IMG_1558


比較的緩やかな登山道脇にはミヤマアキノキリンソウ、ノリウツギなどの花が目立つ。
期待していたリンドウはまだ蕾。

IMG_1560


そんな中で予想外のカワイ子ちゃん発見!
米粒のように小さなラン科の花、コイチヨウランでした。

IMG_1568


目を皿の様にして探していると、全部で5~6株ほど見つける事ができた。

IMG_1573


コイチヨウランとセットで見つけたのは花が終わって種になった状態のコフタバラン?
へ~っ、こんなところに咲いてるんだ・・・と妙に感心(笑)

IMG_1580


そんなこんなで空の青さが際立つ安達太良山本峰に到着。

IMG_1591


貸し切りの天辺で360度の大パノラマを堪能。

IMG_1592


船明神山と後方に磐梯山。

IMG_1595


沼ノ平とその後方に箕輪山~吾妻連峰~飯豊山など。

IMG_1597


山頂を下りて大好きな展望尾根、牛の背から沼ノ平方面への稜線漫歩。
今日はこの稜線を歩きたいが為に安達太良山を選んだと言っても過言ではない。
ここまで3人のトレラン男性に抜かれたのみ。実に静かな平日の安達太良山。

IMG_1598


後日談として、自分が牛の背を通過した2時間後に大きな熊が尾根を横断して行ったとか?!
それを目撃した登山者は驚いて人の居る山頂まで引き返したとの事。
そんな気配は全く感じなかったけど、以前の茶臼岳の件もあるし油断出来ないですね。

IMG_1600


荒涼とした沼ノ平の噴火口。ほんとに地球じゃないみたい!
この辺りで山ガール3人組が色々ポージングしながら記念撮影に興じていた。
確かにインスタ映えするよね~。

IMG_1603


歩いて来た安達太良山本峰からの稜線を振り返る。
稜線上はやや風が強いが、そのお陰で随分暑さが和らいだ。

IMG_1606


続いて細尾根の馬の背を歩いて鉄山へと向かう。
強風で煽られるとちょっと怖い。

IMG_1607


鉄山直下から望む避難小屋方面。
前方に見えるのは6月に登った一切経山、東吾妻山かな?

IMG_1610


沼ノ平と磐梯山。

IMG_1612


馬の背より登って来た鉄山を振り返る。
それにしても、どうよ、このほんとの空の見事なブルー!

IMG_1616


峰の辻にて歩いて来た尾根を眺めながら小休止。
いつもならこの開放的なスペースで昼食とするが、今日は直射日光が厳しいので日陰がある場所まで我慢。

IMG_1627


登山道沿いには少ないながらもお目当てのリンドウが点在。

IMG_1635 (2)


くろがね小屋の外のベンチをお借りしてのランチタイム。
ここまで猛烈な暑さはあったが、稜線上の心地良い涼風に助けられた。
食後は思わず安堵したのか?目を閉じて暫しの瞑想タイム・・・居眠りとも言う(笑)

IMG_1647


安達太良山と言えば紅葉の名所。
今年も期待できそうだね。

IMG_1651


ここで安達太良山の絶景に別れを告げ、その後は単調な馬車道、旧登山道をひたすら下るのみ。

IMG_1652


馬車道沿いはヨツバヒヨドリの花回廊が延々と続く。
周りには数多くのアサギマダラが乱舞していた。

IMG_1656


終盤のツリガネニンジン。
その他、特に被写体として魅力ある花は目に留まらず。
このルート上、お目当てのリンドウが少なかったのは残念。

IMG_1667


余力があれば散策予定でいた「あだたら渓谷自然遊歩道」。

IMG_1671


めっちゃ涼し気で気持ち良さそうな渓谷だけど、鉄山からの下山時に違和感を覚えた右脹脛。
無理すると痙攣しそうなので今回は諦めてゴールへと向かう。

IMG_1672

安達太良山は紅葉シーズンがベストであろうが、真夏の太陽の下で汗だくになりながら歩くのも悪くないね。
ほんとの空の稜線を吹き抜ける風は清々しく気分も爽快。
帰り道、車内搭載の温度計は38~39℃を表示していた。