新型コロナの感染拡大を受け、県外客の全面受け入れが6月末まで延長となっていた福島県桧枝岐村。
7月に解除されて真っ先に行きたかったのが燧ヶ岳、次が会津駒ヶ岳であった。
ところが梅雨の長雨続きの為に燧ヶ岳を断念。先週からハクサンコザクラ開花情報がUPされている会駒に思いを馳せていた。
2020/7/19(日)、この日は久しぶりに晴れ間が期待できる予報となったので山行を計画。
但し、会津駒は前日まで天気が微妙だったので、三本槍岳と下山後の那須街道赤松林のヤマユリ散策を考えていた。
近場なので山行の準備は何もしないで就寝。目覚ましもセットせず。
午前3時半ごろにトイレに行くために目が覚めたが、那須に行くには早いので一旦は寝床に入る。
しかし、どうも寝付けない。取り敢えずスマホで山の天気予報をチェック。
那須岳は15時前まで問題なし。ついでに見た会津駒ヶ岳は1日を通して良い天気。
どうしても会津駒に行きたいという気持ちを抑えきれずに急遽行先を変更した。
急いで登山の準備をして家を出たのが午前4時。
コンビニなどに立ち寄り桧枝岐村の滝沢登山口に到着したのが2時間後の6時ごろ。
日曜日のこの時間では上の駐車場は埋まっているだろうからと、下方に停めたが最上部以外はまだ空きがあった。

蒸し暑い中の急坂を登山口から1時間半を掛けて水場まで一気に登る。
水場を過ぎると突然空気が変わり、心地良い涼風が全身を撫でていく。

9XsghV6LM1A1NOr1595237258_1595237307


実は今度の4連休に会津駒を計画しようと思っていたが、週間予報を見ると梅雨明けは暫く期待できそうにない。
今年はハクサンコザクラが見られないのではないかと落胆していた。

IMG_0105


久しぶりのハイジの丘~♪
稜線の先はややガスっているものの、これだけの青空GETならば上出来だヽ(^o^)丿

IMG_0109


ハイジの丘のチングルマは終盤であったが、駒ノ大池周りのハクサンコザクラは満開。

IMG_0119



IMG_0124


山の神のところは雪融けが進んでいるので間もなく開花となるでしょう。
これから向かう山頂への木道脇もハクサンコザクラが見頃。

IMG_0134


お花畑と山の景色を楽しみながらのんびり歩く。

IMG_0139


他にはミツバオウレン、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナなどが花盛り。

IMG_0140


山頂直下のハクサンシャクナゲ。

IMG_0144


通算24回目の会津駒ヶ岳。
もし、これ以上増えるのなら「会津駒ヶ岳」というカテゴリ追加が必要だね。

IMG_0149


山頂を後に雄大なる中門岳までの神の稜線漫歩へ。
ここを訪れるのが初めてなのか?前方にいるご夫婦の奥さんが、「きれい!きれい!」と盛んに感動していた。
何度も訪れている自分だって絶景を前にワクワクが止まらない!

IMG_0153


ショウジョウバカマの花から花へと飛び交うド派手なクジャクチョウ。

IMG_0156


登山道の残雪はここだけで、消えるのも時間の問題でしょう。
やっぱり例年に比べると雪融けが早い。

IMG_0159


その雪融けの草原に咲き始めた可愛いハクサンコザクラ。

IMG_0166


チングルマは少々。

IMG_0172


稜線の中間付近はハクサンコザクラ祭り。

IMG_0178


正しく今がピーク。

IMG_0188


木道にひれ伏す回数が増えて全く前に進まない💦

IMG_0193


遠目の群落を望遠ズームで撮ると凄い密状態・・・!

IMG_0201


残っていたイワカガミ。

IMG_0207


花々や景色を楽しみながら時間をたっぷり掛けて中門岳に到着。

IMG_0215


中門岳周辺のワタスゲも良い感じ。

IMG_0217



IMG_0218


ベンチが混んでいたのでその先の神々の遊ぶ庭まで足を延ばすがガスガス。

IMG_0226


その後、中門池のベンチに戻り休憩。
コンビニで調達した焼きそばパンを食べて来た道を戻る。

IMG_0232


イワイチョウ。

IMG_0239


池塘に映り込む夏の空。

IMG_0246


遠目にミヤマキンポウゲの群落。

IMG_0266


往路と同じハクサンコザクラにまた捕まる(笑)

IMG_0278


近づく会津駒ヶ岳山頂。

IMG_0301


後ろ髪を引かれつつ、歩いて来た神の稜線を振り返る。
何度歩いてもやっぱり素敵だよな~。雲上の楽園とはよく言ったものだ。

IMG_0303


山頂巻道に残っていたサンカヨウ。

IMG_0304


今まで雲に隠れていた燧ヶ岳、至仏山、平ヶ岳などが姿を現す。

IMG_0307


駒ノ大池前のベンチは団体さんを含む大勢の登山者で密状態。

IMG_0313


駒ノ小屋前のベンチが空いていたので、そこで2度目のランチタイム。
今度はコロッケパンだ(^^;)

IMG_0318


さて、名残り惜しくも下山の時が来ました。

IMG_0322


今度はいつになるか分からないけど、必ずまた来るね~。

IMG_0329


去年は凄かったコバイケイソウ。今年はどうなのかな?

IMG_0341


駐車地までの林道歩きで出逢ったアサギマダラ。

IMG_0351


衝動的に行先変更となった会津駒ヶ岳であったが、予想以上の好天に恵まれ満開のハクサンコザクラや稜線からの眺望を堪能。
ハクサンコザクラは未だこれから咲く場所もあるので、もう少し楽しむことが出来るでしょう。
今日は約3リットルの飲料水を持参したが、登りの時に余り飲まなかったので摂取量は2リットル。
水分不足で軽い脱水症状を起こし、下山時と下山後に体調不良となったのが反省点。
身体が暑さに不慣れであったのも原因かな?以後、気をつけなきゃね。

コースタイムは滝沢登山口~駒ノ小屋~会津駒ヶ岳~中門岳の往復で約8時間。
このコースで8時間というのは自分では普通なんだけど、同コースを歩いた人の記録を見ると5~6時間台が平均的。
中には4時間台の人も・・・(◎_◎;)
魅惑の稜線をそんなに急いで歩いたら勿体ないじゃん!