2018/6/2(土)、そろそろ千手ヶ浜のクリンソウが気になる頃、と言う事で恒例の?奥日光へ行って来ました。


但し、今回に関してはクリンソウに興味が無かったので、高山~小田代ヶ原~戦場ヶ原を旬の花を求めての軽ハイク。


スタートは早くも満車状態の竜頭の滝上駐車場より。(7時37分)



 


 序盤から意外と急登であるが、前を歩くお姉ちゃんを追って元気よく(笑)


いえいえ、山頂に至るまでの森の雰囲気が好きだ。



 


 登山道の周辺には名残りのシロヤシオやシャクナゲなど。



 


 約1時間ちょっと、コースタイム通りで高山山頂に到着。(8時48分)


小休止していると出発前に駐車場でお話しした結城市からの男性が追い付いて来た。


奥様と一緒に来られたが別行動。旦那さんは高山経由、奥様は中禅寺湖北岸を経て熊窪辺りで合流との事。


色々お話をしながら熊窪分岐までご一緒することになった。



 


 急な下りが続く山頂直下はシロヤシオの大群生。



 


 流石に大部分は落花していたが、真っ白に敷き詰められたシロヤシオの絨毯がとても綺麗だ。


今日に限ってはこんな光景が見たかった。



 


 満開のヤマツツジが緑の森を彩る。



 


 シロヤシオも結構残っていた。



 


 この分だと、先週末はお祭り状態だったでしょうね。



 


 さて、現在70歳くらいの結城市の男性は67歳まで現役で働いていた(働かされていた)とか?


しかも土日も殆ど休まず・・・。漸くこの2~3年で好きな山歩きが出来るようになったと話されていた。


最近は足のあちこちが痛くて思う様に歩けないと仰っていたが、健康に留意し山ライフをお楽しみ下さい。


その男性とは熊窪分岐でお別れして、自分は美しい白樺林を抜けて幕張峠へ。



 


 周辺に咲いていたクワガタソウ。



 


なんとか?スミレ。



 


 小田代ヶ原までやって来ました。


前回はこの辺りから膝の異変を感じたので休みながらゆっくり歩く。



 


 こちらのズミは終わりかけ。



 


 途中で小休止後にゲートを抜けてミズナラの新緑が美しい森を行く。


ここいら辺の雰囲気が奥日光らしくてオイラは好きだ。


足元にはツマトリソウやマイヅルソウなど・・・写真はボツ(^^;)



 


 泉門池に辿り着くと前方に遊歩道を悠然と歩くニホンザルの姿。



 


「 来るなら来いや~!」とは言わなかったが、人間が近づくと森の中へ静かに入って行った。



 


 ここでランチタイム。



 


その後は湿原に咲く花々などを探しながら戦場ヶ原のメインルートへ。



 


 湯川に架かる青木橋が新しくなっていた。



 


ズミのトンネルを進む。



 


 前方が開けてくると太郎山、大真名子山、男体山など日光連山の雄姿がお目見え。



 


 



 


 



 


 戦場ヶ原にはワタスゲがチラホラ。



 


 



 


 主役のズミは今が最盛期。



 


見頃は今週一杯かな?



 


青空だけでなく白い雲が良いアクセントになっている。



 


 



 


 



 


 



 


 暫く歩いて行くと木々の枝越しに満開のワタスゲ。



 


こちらも凄いですね~。



 


久し振りに叫んじゃいますか?ワタスゲの綿、スゲ~ッ!(笑)



 


 いつ見ても美しい湯川の流れ。



 


展望デッキよりワタスゲ咲く戦場ヶ原と男体山。



 


 



 


 



 


 



 


最後にもう1度咲き誇るズミを観賞して戦場ヶ原を後にする。


 


 


その後は湯川沿いの遊歩道から石楠花橋を経由して竜頭の滝上駐車場を目指す。



 


 川辺に咲くニリンソウ。



 


  



 


  午後12時40分、無事ゴール。



 


本日の締めは千手ヶ浜のクリンソウの代わりに竜頭の滝下のクリンソウ観賞。



 


今年はこれで十分でしょ(笑)



 


高山ではシロヤシオの絨毯を楽しみ、戦場ヶ原では満開のズミ&ワタスゲ堪能の1日でした。


やっぱり、初夏の奥日光は爽やかでいいね!