レポは26日の高原山オフ会と前後しますが、5月25日(金)に有休を取得して那須岳界隈をぶらりと歩いて来ました。


高原山のシロヤシオと同時期に見頃になるが那須岳・日の出平周辺のミネザクラ。


ところが先週の強風と低温により(降雪もあったとか?)折角咲いたミネザクラが散ってしまったとの情報を得る。


 それでも他の花々が見られるだろうと、予定通りに那須岳行きを決行した。


●峠の茶屋~峰の茶屋~日の出平~姥ヶ平~三斗小屋温泉分岐~那須岳避難小屋~峰の茶屋~峠の茶屋


峠の茶屋から森林限界を迎えるまでの樹林帯は鮮やかなムラサキヤシオが綺麗に咲いている。



 


 峰の茶屋跡避難小屋からは無間地獄~牛ヶ首を経て日の出平方面へ。



 


 周辺のミネザクラは情報通りにほぼ全滅であった。



 


 僅かに残っていたミネザクラ。茶臼岳を背景に・・・。



 


 気を取り直して日の出平へ。


お目当てのツバメオモトは見つからなかったが、ミツバオウレンやコミヤマカタバミなどが少々。



 


 その後、昨年の紅葉シーズン以来の姥ヶ平に下りてみた。


流石に静かだ・・・(笑)



 


 姥ヶ平を後に姥ヶ平下分岐へと下って三斗小屋温泉方面に足を向ける。


沢筋の窪みには残雪あり。



 


 このルートにはサンカヨウの群生があるが、咲いているのは僅かであった。


まだ早いのか?それとも遅かったのか・・・?



 


 ピンクのイワカガミは沢山咲いていた。


他にはエンレイソウ、咲き始めのマイヅルソウなど。



 


 



 


 三斗小屋温泉には行かずに途中の分岐から那須岳避難小屋方面へと向かう。


新緑の木々越しに望む茶臼岳。



 


 延命水で喉を潤す。



 


 オオカメノキの向こうに隠居倉。



 


 那須岳避難小屋まで到達したところで漸くランチタイム。


この周辺にもサンカヨウが多いが、どうやら花は終わっている様子であった。



 


 避難小屋先の樹林帯を抜けると峰の茶屋跡へのザレた急登となる。



 


 振り返って下方に那須岳避難小屋とその背後に隠居倉。


後方の奥那須・大倉~三倉山は雲の中。



 


 峰の茶屋跡から下って行くと、開花したばかりのヒメイワカガミを確認。



 


 残念ながらミネザクラは終わってしまったが、ムラサキヤシオなど他の花々が楽しめて大満足。


那須岳にも初夏の花々が咲き始めました。