2018/3/24(土)、栃木市の北西にあり、鹿沼市との境界に位置する谷倉山(やぐらさん)を歩いて来た。


 谷倉山は栃木百名山に選定された1座ではあるが、その存在を知る人は少なく地味~な里山である。


また幾つかある登山道はいずれも植林の中で視界が悪く、倒木との格闘を余儀なくされるような悪路が続く。


で、何故そんなマイナーな地味尾根&里山を今更歩く気になったのかって?


山を始めたばかりは確かに栃百を中心に歩いていたが、約70座を過ぎた辺りから飽きて頓挫してしまった。


 今では好きな山を何度も歩くスタイルに変化しているが、久しぶりに未踏の栃百を歩いてみたくなったのである。


スタートは星野遺跡・憩の森駐車場より。



 


 麓の星野集落から望む谷倉山。山頂のアンテナも見える。



 


 予定では地層たんけん館脇の林道を経由して主稜線~山頂~南側の尾根からキャンプ場へ下山する周回コース。


最初の分岐を右へ。左側からも行けるそうだが、倒木が多く道が荒れ放題との情報。



 


 ここは左の沢沿いの道へ。



 


 進行方向が倒木で荒れていたので踏み跡明瞭な右側の尾根に取りつく。



 


 リボンに導かれ何の疑いもなく登っていく。



 


 気持ちにも余裕が出て森の中に咲く花々などを撮影。


ダンコウバイ?アブラチャン?



 


 足元に咲くスミレ。カタクリの葉もあったが、開花しているのは無し。


この先でうっかりルートミスに気付く。どうやら隣の尾根を登ってしまったらしい。



 


 仕方がないので沢筋に降下して強引に正規ルートへ軌道修正を試みる。


行く手を塞ぐ無数の倒木を跨いだり潜ったりしながら漸く正規の尾根に乗った。


背中に入ったヒノキの枯れ枝がチクチク・・・(>_<)



 


 暫しの急登を後に広々とした主稜線に出れば山頂も間近。



 


 久し振りに未踏の栃木百名山をGET!



 


 谷倉山(やぐらさん)山頂に到着。勿論誰も居ません(^^;)


聞こえて来るのは野鳥の囀りのみ。



 


 麓からも見えていた電波塔。尚、山頂からの展望はない。


北に10分程で展望地有りとの情報を元に足を延ばしたが、日光方面が曇っていたのと植林された若木が育ち期待外れ。



 


 無駄な労力を使ってしまったが、ランチタイム後に気を取り直して下山開始。


幾度かのアップダウンを繰り返す復路の尾根はそれ程荒れた個所もなく快適に進むことが出来た。


前方にキャンプ場が見えて来ればゴールも間近。



 


 キャンプ場の一角に咲くミツマタ。



 


 



 


 その後カタクリ群生地にも寄ってみたが、咲いていたのは僅か数輪のみ。



 


 見頃となるのは次の週末辺りか?



 


 民家の敷地内に咲くミズバショウ。



 


 星野集落から望む三峰山。あちらは10年以上前に登頂済み。


最近は三峰山~谷倉山を1日でやっつけてしまう人もいるそうだ。



 


 民家の庭先に咲くサクラソウ。



 


春だね。


 こんな長閑な里山風景が好きですよ~♪



 


 河津桜かな?もうそろそろ県内でもソメイヨシノ開花の便りが聞こえて来る頃。


 


 


さて、短いコースだったので時間はたっぷり。


春先にセツブンソウ目当てで訪れた四季の森星野を散策してみましょう。


現在はサンシュユや梅各種が咲き揃い百花繚乱。



 


 小川の畔にはニリンソウ。



 


 



 


 林床にはセツブンソウに代ってアズマイチゲの群落が風に揺れていた。



 


 



 


 



 


 白一色も悪くない。



 


 今回は奥の方へと進んでみた。



 


 



 


 日当たりの良い土手の草むらを覗くとこんなかわい子ちゃんと目が合った。


キバナノアマナですね。



 


 



 


 おやおや?随分草臥れたセツブンソウ。待っていてくれたのね。



 


 こちらは普通のアマナ?ヒメアマナというのもあるそうだ。



 


 



 


 



 


 花も展望も何もない地味な谷倉山とは対照的な春爛漫の四季の森星野であった。



 


 さあ、次なるかわい子ちゃんは何処に?(笑)