2018/1/13(土)、日本列島を襲来した最強寒波の影響で西日本や北陸地方では例年にない大雪となった週末。


関東地方は各地で氷点下の厳しい朝を迎えたが、どうやらお山の天気はピーカン予報。


という訳で、ここ数年来恒例となっている那須・茶臼岳への雪山登山に行って来ました。


大丸温泉~峠の茶屋間は冬期通行止めとなっているので、那須岳登山は大丸温泉Pからのスタートとなります。


 ロープウェイ山麓駅を過ぎた辺りから茶臼岳や朝日岳の姿が見えて来る。



 


向かう先は雲一つない快晴、絶好のコンディションの下で気分も上々。


雪も良く締まっているのでとても歩き易い。スタート直後から軽アイゼン、チェーンスパイクを装着。



 


  車のない(当たり前だけど)峠の茶屋駐車場から東方面を眺めるとキラキラとオレンジに輝く太平洋が見えた。


茨城県の常陸那珂辺りでしょうか?



 


 近くにいた登山ガイドと思しき人が、東海村原子力発電の煙突も見えると言うのでズームアップ。


標準レンズのデジタルズームでこれが精一杯。中央に何となくそれっぽいのが確認できる。


※追記:ランドマークマニアのchikoやんが調べたところ常陸那珂火力発電所じゃないかと?



 


 約半分ほど雪に埋もれた鳥居を潜って登山道へ。


狛犬さんも頭が見えるだけ・・・(^^;)



 


夏道ルートは完全に雪の下。 


 時々冬道ルートを辿るので見える景色がいつもと違って新鮮。



 


 やがて森林限界が近づくと、目の前にど~んと迫力の朝日岳。


厳冬期でも剣ヶ峰を超えて山頂を目指す人がいるが、自分にはちょっと厳しそうだな。



 


 左前方にはこれから向かう茶臼岳。


快晴、微風の穏やかな雪山日和となり、もう、言う事なし。



 


 県北の山間では年末と年始に2度ほど大雪が降ったが、それ以降は寒さが厳しかっただけで積雪は殆どなし。


お遊びで造った天使の羽も雪が固いのでちょっぴり不細工(笑)



 


 陽ざしを浴びて煌めく雪面は宝石を散りばめた様な美しさ。



 


 真っ直ぐ噴煙を上げる茶臼岳。


これを見ただけでも風が弱く穏やかなのが分かる。



 


 峰の茶屋跡避難小屋に到着したところでおやつタイム。


十分にエネルギーを補給した後に茶臼岳山頂への登りにかかる。



 


 で、途中で振り返るとこの展望。


真っ白に冠雪した奥那須・流石山~大倉山~三倉山の稜線。


その後方には燧ヶ岳~平ヶ岳~会津駒~越後の山々などの白き山塊。



 


 


 


 


こちらは眼下に峰の茶屋跡、その後方に剣ヶ峰~朝日岳方面の眺望。


 何度も立ち止まっては、その素晴らしき絶景をカメラに収める。



 


 このルート1番の難所。見た目以上に勾配がある雪の斜面を直登する。


凍結箇所もあるので下りは要注意。



 


 山頂周辺で見られたエビの尻尾は思ったよりもミニサイズ。



 


 あの鳥居を潜れば茶臼岳山頂。



 


 と、その前にまるで草でも生えてるかの様に伸びた20㎝もの霜柱に思わず足が止まる(笑)



 


 山頂に到着後は大展望を堪能しながらの撮影タイム。



 


 奥那須の山々と遠くに尾瀬、奥会津、越後の山々。それに浅草岳、守門岳までも。



 


 北には安達太良山、吾妻連峰、磐梯山、飯豊連峰などなど。



 


 噴煙の左側(南方向)にはお馴染みの日光連山、奥白根、高原山。


今日の予報では風は弱いものの山頂の気温は-10℃となっていた。ところが実際には-3~-5℃と思いの外暖かく感じられる。


なので、この絶景をおかずにまったりランチタイムに突入。



 


 雪華?氷華?というのでしょうか。


厳しい氷点下の条件で見られる繊細で美しい鳥の羽の様な造形。



 


 そんなんなで1時間以上もまったりと山頂で過ごしていたら、すっかり身体が冷えてしまいました(^^;)


それもその筈、いつの間にか上空には雲が湧き始め、太陽が見え隠れしている。


西側の山々は雪雲に覆われ寒々とした光景。



 


 そのタイミングで後ろ髪を引かれつつ下山開始。


お鉢周りで戻る。



 


ダイナミックで美しい那須の山々を眺めながら・・・



 


 本日のテーマである「茶臼岳から真っ白な山々を眺めよう!」を無事コンプリート。


しかも過去最高の好条件下に恵まれ大満足の1日となりました。


 これだから山はやめられない。