栃木県版レッドリストで絶滅危惧Ⅱ種に分類されているナツエビネ(ラン科)の自生地に行って来た。


塩谷町船生の椎茸農家を営むOさん方の山林でナツエビネが開花し見頃を迎え、9月3日までの土・日に無料にて一般公開中。


30年前に自宅で1株のナツエビネを栽培したところ、種が山林に飛んで自生し現在はその数が1万株にも増えた。


盗掘の懸念もあるそうだが、町興しの為になればと、一般公開を決めたとの事である。



 


 地方紙にも紹介されたばかりなので、自生地には多くの人が訪れていました。



 


 山林内には狭い遊歩道が造られているが、撮影も含めて譲り合いが必要。



 


 



 


いや~っ、それにしてもこれは凄い!本当にいいものを見せて頂きました。


手入れも大変でしょうね。



 


 



 


 


 


 


 尚、現地には広い臨時駐車場が設けられているので、関係者の誘導に従ってください。


開放時間は午前9時から午後3時まで。


と言う事で、今回はバイオレット一色でした(^O^)/