私が初めて県民の森のレンゲショウマと出会ったのが2009年8月ですから、もうかれこれ8年になるんですね。


当時はまだ、ブログなどで県民の森のレンゲショウマを紹介する人は少なかった様に記憶しています。


自分の場合も贔屓にしているブログで拝見した御岳山(奥多摩)の記事でこの花を知ったばかりでしたから。


その美しいフォルムに魅了されてどこか近くで見ることは出来ないかと探し、行き着いたのが県民の森でした。


それから毎年の様に訪れていましたが、昨年襲撃されたヤマビルの影響で躊躇せざるを得ない状況となりました。


なので、今回は完全防備で撮影に挑みました。・・・と言っても長靴ですが(笑)



 


実は先週も下見に来ていたので今週末に開花することは予想できていました。


それでも全体的にはまだまだ蕾が多く、ピークを迎えるのは来週以降となりそうです。



 


今回は森林展示館を起点に宮川渓谷の下流~中流域、それに余り知られていない群生ポイントの探索をして来ました。


特に最後の場所は株数が増えているのが確認出来たので嬉しかったです。


やっぱり自然の花は自ら選んだ好きな場所に咲いている姿が1番美しい。


そうそう話は変わりますが、先週訪れた那須塩原市のスッカン沢に熊が出没したらしいですね。


最近は宮川渓谷でも目撃例があったとの情報でなので、入山の際は要注意と言ったところでしょうか。


 とは言っても、今はヤマビルに喰いつかれる方がヤダな。