2017/7/8(土)、色々あってタイミングを逸したかに思われたが、今年も愛しの姫様に会いに行く事にした。


昨年同様に新潟県南魚沼市と福島県只見町の県境にある六十里越登山口からのスタート。


 マイクロウェーブを過ぎるまではストイックに登るのみ。


やがて後方の視界が開けて来ると、田子倉湖や雲海の広がる風景が見えて来る。



 


花は端境期。サンカヨウやツバメオモトは既に実となっていた。



 


 それでも注意深く足元を見渡すと、色んな花々が目に入って来る。


昨年は気づかなかったコケイランが数株。



 


 オオサワハコベ?



 


 北側の斜面にはまだ残雪がある。



 


南岳近くまで来ると一気に視界が広がる。


どっしりとした山容の浅草岳も眼前に・・・でも、まだまだ遠く険しい道程。



 


 足元の花々も増えて来た。


最も目立っていたのがゴゼンタチバナの群落。



 


 アカモノもまだ頑張っている。他にはイワカガミやウラジロヨウラクなど。



 


 最初のピーク南岳山頂からの眺望。


眼下に田子倉湖。朝のうちは広がっていた雲海もすっかり消えて来た。



 


 登って来た尾根と毛猛山塊、その後方に三丈ヶ岳、荒沢岳、越後三山、そして平ヶ岳や燧ヶ岳まで。


絶景である。


 


 


 さて、肝心のヒメサユリロード。


昨年はあんなに咲いていた南岳付近も流石に終焉。やはり遅かったか・・・。



 


 気を取り直して先に進むと、斜面に咲くヒメサユリがチラホラと散見される。



 


 



 


 そして、鬼が面山へと向かうにつれて、その数は徐々に増えて来た。



 


 



 


まだまだ蕾もあるし、これだけ見られたのなら満足である。 



 


 こちらのポイントでは沢山の花をつけたヒメサユリ。


ソロのお姉さんが熱心に撮影中であったが、隙をついて自分も数カット・・・。



 


 そのお姉さんが言うには、「鬼が面山から先は花が期待できないので戻って来たんです」との事。


本当かな~?



 


 まあ、取り敢えず行ってみよう。



 


鬼が面山山頂。



 


 小休止後にその先の小ピークを目指す。


すると、待ってましたのヒメサユリロード!あのお姉さん、ここまで来なかったのかな?



 


 期待以上のヒメサユリとの出逢いにテンションアップ。



 


 



 


 今回は最初から浅草岳へ行く予定はなく、用意した飲料も500mlのペットボトル3本のみ。


これだけでは今日の暑さは凌げない。



 


 と言う事で、北岳を目前にして本日は撤退。



 


後はのんびりマイペースで戻るだけ。



 


空にはアキアカネが乱舞。



 


 南岳に戻ると地元のソロ男性が休憩中で暫しの山談義。


「もう何度か浅草岳は通して歩いているので、こんな日は無理することなく適当にのんびり過ごすのが良いんだよ」


「ピークを目指すのだけが山歩きじゃない!」


と、美味しそうにトマトを頬張りながら独特のイントネーションで力説するおじさん。同感っす(^^)v



 


 それにしてもこの日は今夏1番の酷暑日。流石に炎天下に晒された尾根歩きはしんどかった。


下山途中の沢で汗まみれの顔を冷たい水で洗ってさっぱり。


これからはもっと高い山か、北の方の涼しい山を歩きたいね。


●六十里越登山口~マイクロウェーブ~南岳~鬼が面山~北岳手前の小ピーク~往復。