2017/4/22(土)、ヒカゲツツジの自生地として知られる鹿沼市の二股山へ行って来た。

二股山を訪れるのは2012年4月下旬以来2度目。

前回は下久我からの回遊コースを歩いたが、今回はヒカゲツツジ以外の目的もあったので加園コースからの周回とした。





※トラックログの一部に乱れあり







林道終点には5台分程の駐車スペースがあるが、自分は約1Km手前の空きスペースに停めて歩き出す。

林道脇にはお花畑(花壇)?などが造られており、とても明るい雰囲気だ。











暫く歩いていくと前方には二股山(南峰?)の山頂部が見えてくる。

さて、林道歩きのお楽しみは稀少種のスミレ探し。

ところがタチツボスミレやニョイスミレが目立つだけでお宝が見つからない。











特徴ある葉は沢山確認できたが、全く花が見当たらない。残念・・・と、諦めた瞬間。

1輪だけ微笑んでくれました~♪

斑入りのタカオスミレ(ハグロスミレ)をGETしました\(^o^)/











他にはヒナスミレの情報も入手していたが、そいつは流石に終わっちゃったみたい。

ま、いいか。

さて、往路は分岐から右へ尾根道を行く。











ジグザグに登って行くと、ちょっと背が伸びたヒトリシズカ。

他にもカテンソウやタチツボスミレの群落、フモトスミレなどがいっぱい。











つつじ岩を過ぎて尚も登って行くと、イワウチワの群生地(保護地)を通過。











もう遅いかと思っていたが、沢山のイワウチワが待っていてくれた。

こちらは清楚な白いイワウチワ。











そしてピンクの可愛い子ちゃん。











展望地を過ぎると程なくして二股山南峰へと到着。

雷電様の裏側にヒカゲツツジ。



















山頂一帯はヒカゲツツジの自生地となっていてロープで保護されている。



















一通り観察したが、花数はやや少ないように感じられた。











淡いクリーム色の花弁が美しいですね。











ヒカゲツツジを堪能した後はお隣の北峰へ。

ここでランチタイム。











霞んではいるが、麓の田園風景など春らしい眺め。











下山は案内標識に従い沢コースでの回遊。

すると足元に初めて見る可愛い花!











ヤマルリソウ(山瑠璃草)ではありませんか!

若しかしたら今までも見かけていたのかも知れないが、撮影するのは間違いなく初体験。

タカオスミレに続いて本日の収穫であった。











こちらのコースもスミレ、その他の花の宝庫。

マルバスミレかな?











エイザンスミレ・・・こいつは分かる。











最も多かったタチツボスミレを背景にトウゴクサバノオ。











ついでに小さな花で接写の練習・・・。

うん、いい感じ!って、自画自賛・・・(^^;)











最後はフイリフモトスミレ。









スミレ目的で訪れるならもう少し早い時期が良さそう。

1週間は遅かったかな?

ツツジ類はアカヤシオが終わってヒカゲツツジ見頃、トウゴクミツバツツジ咲き始め。

コースにはイワウチワの群生地もあり、花好きを夢中にさせる二股山でした。



実は今回の二股山行きを決めたのは、20日に雨巻山でお会いした「ふるさと山歩き」さんからの情報があっての事。

ありがとうございます。