2017/4/20(木)、栃木県益子町の雨巻山から茂木町と茨城県桜川市の県境に位置する高峯を歩いて来た。


往復16Km程のロングコースであるが、新緑とヤマザクラで彩られた萌黄色の里山歩きを満喫。



 


●大川戸P(7:52)~沢コース~雨巻山(8:52)~仏頂高峯遊歩道入口(10:06)~高峯(10:45)


~雨巻山(12:38)~尾根コース~大川戸P(13:36)


●16.32Km ●約5時間45分


 


まずは暫しの車道歩き。



 


 林道脇に咲くヤマブキ。



 


 お目覚め前のニリンソウなどを愛でながらのんびりと歩いて行く。


途中で犬を連れた散歩中のオジサンと挨拶を交わす。



 


 今回は久しぶりに沢コースを選択。


帰りは尾根コースから分岐に戻る予定。



 


 最初は緩やかな沢道が続く。


徐々に傾斜がきつくなり、最後は鎖、ロープの設置された急斜面。



 


 沢沿いには普通の?ネコノメソウを中心にエンレイソウや草臥れたキクザキイチゲなど。



 


 新緑が清々しい尾根に出た。



 


 程なくして雨巻山山頂へと到着。先客はまだ一人。


最短コースを取ったのでここまで1時間ジャスト。



 


 写真撮影後は次なる目的地の高峯へと向かう。


足元にひっそりと咲くヒトリシズカ。



 


 ミヤマシキミ。



 


 ヤマザクラの大木が多い。



 


 幾度かのアップダウンを繰り返す登山道。道標こそ少ないが良く整備され踏み跡明瞭。



 


 足元にはスミレ各種やボツ写真のフデリンドウなど。



 


   ヤマツツジも大分咲き始めていた。



 


 大きく下って行くと県境を走る車道に飛び出る。


前方に目指す高峯の頂き。



 


 林道を経由して登山道入口へ。


歩幅の合わない階段状の道を登り・・・



 


 やがて展望台(ハングライダー飛行台)に辿り着けばこの景色。


加波山~筑波山など。



 


 ここから山頂へはもう少し。



 


 満開のヤマザクラが美しい山頂一帯。



 


 漸く高峯山頂へと到着。


木製のベンチでは数名のハイカーらが食事中。



 


 自分は少し戻って途中のベンチにてランチタイム。


枝越しに萌黄色に染まる爽やかな山肌を眺める。



 


 その後、雨巻山まではキツイ登り返し。


ツクバキンモンソウなど、往路では気づかなかった花々も目に入る。



 


 やがて展望台を過ぎ、山頂手前まで来たところで顔見知りの方とバッタリ。


茨城県在住の「ふるさと山歩き」というHPを開設されているご夫婦で、共通のブログ仲間もいます。


以前、オフ会でご一緒したこともあり、また何度かのバッタリもあったので直ぐに分かりました。


山の情報交換など、暫しの立ち話。またどこかでお会い致しましょう。



 


 2度目の雨巻山へと到着。ベンチに腰を下ろして小休止。



 


 下山は予定通り尾根コース経由にて。


初めて歩くコースであったが、明るく雰囲気の良い尾根にはトウゴクミツバツツジが咲いていた。



 


 沢コースとの分岐からは林道脇に咲く花々を楽しみながら戻る。


トウゴクサバノオ。



 


 シャキッと目覚めたニリンソウ。



 


 ヒトリシズカの群落。



 


 満開のヤマザクラ咲く大川戸駐車場に戻って来ました。



 


アップダウンのある長い山歩きでしたが、萌黄色の里山を楽しむ爽やかな1日でした。


 花々も多く良い季節だな~。