雄しべの赤い葯が特徴のハナネコノメの存在を知ったのはブログを始めてから数年後の事。


どなたかのブログで見た可愛らしいその姿にハートを射抜かれた♡



 


そして実物を見たのが2012年5月の袈裟丸山の塔ノ沢コースにて。


想像していたよりも小さくて可愛らしい姿にビックリ。


その時はアカヤシオの季節なので既に赤い葯は取れていたが、物凄い群落を目の当たりにして随分興奮したのを覚えている。


その後足利市の仙人ヶ岳、栃木、茨城県境の花瓶山、群馬県桐生市の鳴神山でその可憐な姿を見ることが出来た。


撮影意欲を掻き立てられる可愛い花であるが、実物はとても小さくてクリアに撮るのは難しい。


一眼レフ+マクロレンズの組み合わせならまだしも、安物のコンデジではとても太刀打ちできない。


 


 で、今回はある情報筋から我が家からさほど遠くない高原山系某所の谷間に咲くハナネコノメ情報を入手。


詳細なハナネコポイントは得られずも、取り敢えず半信半疑で訪れてみた。


 こちらの場所には紅葉時期に何度か訪れているが、春先に来るのは初めての事。



 


 ハナネコノメを探しながら周辺を暫く彷徨ったがそう簡単には見つからず。


諦めて帰ろうと思ったが、どこかで私を呼ぶ声が・・・


声のする方へと近づくと、いました!いました!カワイ子ちゃん♪



 


  タイミングとしてはちょっと早過ぎたようで、開花していたのは全体の1割にも満たないほど。


なので、余計に見つけ難かったんだね。


今度の週末辺りは一斉に開花して凄いことになっていそうですよ。



 


  小さな沢沿いには他にも可愛い花が咲いていた。


トウゴクサバノオ。



 


 ここは知る人ぞのみ知る秘密の花園と言う事で、詳しい場所の公開は伏せておきましょう。


家から車で僅か20分の距離。


駐車地から歩いて10数分。道は少々荒れ気味。


これからは熊の出没も注意しないと・・・🐻


あ~っ、それにしても変な色(^^;)やっぱ、カメラ買おうかな。