2017年の初山歩きは久しぶりに宇都宮の篠井連峰となりました。


数年前までは好んで歩いていたエリアですが、どういう訳か足を向ける事がなくなってしまいました。


過去を遡ってみると2014年3月以来、約3年ぶりとなります。


コースはこどもの森公園P~榛名山~男山~本山~こどもの森公園Pの周回としました。


※写真は宿泊施設越しの榛名山。



 


 


駐車場から登山口を目指して歩いて行くと、宿泊施設入り口の庭に植えられたロウバイが咲いていました。


まだ甘い香りを放つほどではありませんでした。



 


 


篠井連峰登山口はいくつかありますが、現在は樹木伐採中でコースが限られている様です。



 


 


案内に従い宿泊施設の裏側から東屋~展望台経由で榛名山を目指します。


そこそこ急な岩場の登山道で鈍った身体に気合を注入するのには最適だったかも知れません。



 


 


最初のピーク榛名山(524M)に到着しました。


日光連山などが良く見えます。



 


 


尾根伝いに歩いて行くと次のピークは男山(527M)です。


今日の目的は篠井連峰から富士山を眺めることであったが、残念ながら南方向は曇天で見ることが出来ませんでした。


富士山は条件が良ければ男山ピークとその先、本山直下の尾根から見ることが出来ます。



 


 


続いて篠井富屋(宇都宮アルプス)7峰の最高峰・本山(562M)に到着です。


途中でソロ男性とスライドしましたが、山頂は貸し切り状態となっていました。


全体的に薄曇りでしたが、北~西方向の展望はまずまずの様です。


三角点&山頂標識と後方に高原山、男鹿岳、那須連峰など。



 


 


男体山を始めとした日光連山。


その西側に社山、袈裟丸連峰などが見えました。



 


 


日光連山からやや北側に白い山が見えますが、どうやら帝釈山、田代山など、県境の山々の様です。



 


 


展望を楽しんだ後は、早目のランチタイム。そして下山としました。


今回は直下の分岐から飯盛山への縦走路を南下します。



 


 


尾根を歩いていると、途中の笹薮でガサゴソと蠢く者がいたのでカメラを向けた。


思いっきりズームしたのでピントがずれてしまいましたが、特定外来生物のソウシチョウでしょうか?


見た目は愛らしいのですが・・・。



 


 


その後、飯盛山へは寄らず林道を経由してこどもの森公園へと戻って行きました。


まだ年明け2日目、閑散としたものでした。



 


年末年始の連休も早いもので残り2日間となってしまいました。


もう1ヶ所くらい歩きたいと思っていますが、特に行きたいところが見つかりません。


今日は軽めだったので、どうせならがっつり歩きたいな~。