大気の状態が不安定で雨が降ったり止んだりと生憎の週末となってしまいました。


山歩きが出来ない代わりに散歩でも行こうと、雨の止み間にちょっくら出かけて来た。


スタートは矢板市文化会館から。


「とちぎふれあい自然歩道・歴史とふれあいのみち」のコース案内に従って歩き出す。


ぐるっとコースを一周すれば10km以上になるのでしょうか?



 


 


 まずは内川の堤防沿いを北上。


 


 


 


ところが歩き出して約20分後、急に風が出てきたと思ったら雨が降り出す。


雨は強まったり弱まったり。しかも横殴り。


折り畳み傘をさしても役立たず。


コース一周を諦めて塩釜神社から芭蕉の句碑まで行ったところでショートカット。


道の駅を経由して矢板文化会館まで戻る。



 


 


で、今回の目的はスマホアプリ「山旅ロガー」での計測と記録。


歩いた距離:2.7km


時間:49分3秒 



 


 


 



 


 


「山旅ロガー」の記録(トラックログ)を「地図ロイド」で見るとこうなる。


山の記録として使えそうかな?



 


で。オイラがダウンロードしたスマホアプリは天気予報と山に関するものばかり(^^;)


ゲームには全く興味なし。


昨夜は新たに「山カメラ」と「山とも」なる2つのアプリを追加。


「山カメラ」は山の名称をカメラ上にマッピングして表示、これで山頂などからの山座同定が楽になる。


6月の浅草岳に行ったときに山頂で居合わせた登山者が使っていたのがこれかな?


「山とも」は登山の計画から山行中のナビゲーション、記録の整理までが容易となり山歩きを楽しめる。


また、その記録はスマホで撮影した写真と共に「ヤマレコ」で公開することも可能。


山関連アプリ、まだまだ増殖中~(笑)


ってな訳で、早く山歩きで使いたいね。