5月29日(日)、先週のオフ会に続き2週連続で高原山の同コースを歩いて来ました。


目的は大間々のレンゲツツジ観賞と大入道シロヤシオ回廊その後の姿を見届けるため。


 コースは小間々P~大入道~剣ヶ峰~八海山神社~大間々~小間々P


先週とは逆回り。


小間々駐車場を午前7時にスタート。一週間前には咲いてなかったレンゲツツジが見ごろを迎えていた。



 


 


 まずは沢筋から大入道への急な登り。



 


 


今週も賑やかなり蝉しぐれ。



 


 


 


  中腹辺りの森はヤマツツジが満開。



 


 


ダケカンバの白い幹と新緑にヤマツツジの赤が映える。



 


 


先週の賑わいが嘘のような静けさに包まれた大入道。


剣ヶ峰までの花回廊で会ったのは大入道山頂の男女3人組と剣ヶ峰付近の男性ソロのみ。



 


 


 オフ会の時にランチタイム休憩した縄文ヤシオ。



 


 


 そして、シロヤシオの花回廊はまるで宴のあと。



 


 


花時期を読み間違えて今週末にオフ会を開催していたら、恥を掻くところであった(^^;)


それを考えると先週末がドンピシャのタイミングだったんだね。



 


 


そんな中、僅かに見られた咲き残りのシロヤシオ。 



 


 


 



 


 


今日はバッテリーの充電を忘れたのでサブカメラでの撮影。



 


 


で、今回の収穫はサクラソウの群落を見つけた事。


昨年も同所で一株を見つけたが、今日は急な岩場に咲く群落(数十株)が確認できた。


崩落の危険性があり人が立ち入れる様な場所ではないので、1番近くに咲いていた株を撮影。 



 


 


その後、剣ヶ峰から矢板市最高点ピークを通過して八海山神社へ。


驚くことに先週は蕾だった周辺のシロヤシオも殆どが終焉。


季節の巡る早さを実感~。トウゴクミツバツツジの最後の姿を見届けた。 



 


 


 それにしても、逆回りだとやっぱりキツイね。


お花見目的のオフ会はこれまで通りの時計回りが正解だな。



 


 


 ランチタイムは大間々P前の木陰のベンチにて。


駐車場は勿論満車状態。お目当てのレンゲツツジも見ごろを迎えようとしていた。



 


 


満開となるのは数日後でしょうか? 



 


 


朱色カーペットの中を独特の香りに包まれて下山。 



 


 


 こんな中を歩いていると昨年の高原山オフ会を思い出すな~。



 


 


 



 


 


おっと、こちらはびっしりと花をつけたヤマツツジ。 



 


 


レンゲツツジは一括りに朱色と言っても、色の濃淡があって面白い。 



 


 


 



 


 


レンゲツツジの花回廊~♪



 


 


 



 


 


GWのミツモチ山から始まった高原山詣でもこれにて一段落。 



 


 また来年のツツジの季節まで、高原山とは暫しのお別れ。


いやいや、紅葉の季節も来る予定なので約5ヶ月間のお別れかな?


 


 


さて、ここでブログを見てくださっている皆様にお知らせ。


「リンゴの叫び!」を開設してから9年目を迎えましたが、そろそろ潮時かなと思うようになってきました。


先週のオフ会前夜祭の時にブログ仲間から「リンゴ」と言うニックネームは如何なものか?と問われた。


リンゴ=お○まをイメージすると指摘されてショック(笑)


確かに今の自分には似合わないし、随分前にブログを含めてのリニューアルを考えた時期があった。


記事の内容も読者の反応を意識する余り調子に乗り過ぎて脱線する事が多々。


これからはよりシンプルなブログを目指し、ニックネーム、ブログタイトルを変更の予定です。


決まり次第、突然タイトルが変わることも含めてご了承ください。


 


記事をUPして2~3日経過したら、ニックネーム&ブログの変更なんてどうでもよくなってしまった(^^;)


いつかは変えようと思っていますが、今すぐと言う事ではありません。


悪しからず。