※2016年4月3日 六万騎山(新潟県南魚沼市)


 


昨年と同様に坂戸山下山後は車で約10分の六万騎山へと移動。


CTは坂戸山が1周3時間、そして六万騎山が1時間と短時間で楽しめる事からダブルヘッダーで歩く人も多い。


昨年は坂戸山にタイミングを合わせたので花期が過ぎていたが、今回は果たしでどうでしょう?


あの可愛こちゃんに早く会いたいからとの理由で、地蔵尊登山口~六万騎山~庚申塔登山口の時計回りとした。


美味しいものは先に食べる・・・という、それです(笑)



 


 


 さあ、それでは早速エントリー!思い焦がれたコシノコバイモちゃんに会えるかな?



 


 


まずは紫カーペットのカタクリロードを歩いて行く。



 


 


どこだ?どこだ?と探していると・・・


いたよ~♪と呼ぶ声。


第1コシノコバイモちゃん。ちょっと元気がないけど無事に出会う事ができました(^^)v



 


 


 続いて元気モリモリの第2、第3コシノコバイモちゃんにも会うことが出来たのだ\(^o^)/



 


 


俯き加減に咲くその姿は想像通りの可憐な花でした。


越の小貝母 ユリ科 バイモ類



 


 


 これにて本日のミッションコンプリート。


後は見ごろとなったカタクリを楽しみながら山頂へ。


スクワットタイム継続中~(笑)



 


 


カタクリ越しに残雪の山。


これも撮影したかったアングルの一つ。



 


 


 坂戸山でも見かけたけど、ちょっと変わり種のカタクリ。


なんか首(花茎)が短いんじゃね?(笑)



 


 


 



 


 


 



 


 


 ヤマザクラとカタクリ。



 


 


山全体がカタクリ園?・・・そう思えるほど凄い大群生。



 


 


登山道の両脇、斜面に咲くカタクリ。



 


 


 ミチノクエンゴサクと。



 


 


いやいや、こんなに沢山のカタクリに囲まれたは初めて。


数年分をまとめて見たっていう感じで、もうお腹いっぱい。ご馳走様でした~。 



 


 


 



 


 


そんなこんなで漸く辿りついた山頂で小休止。


六万騎山は標高321mの山城の城郭を残す城跡で、三国連峰や魚沼盆地などを見渡せる。



 


 


中央に坂戸山。左奥に金城山、巻機山など。



 


 


 樹間から八海山。


 


 


 


 下山はカタクリの他にイワウチワも楽しめる花いっぱいのトレイル。



 


 


 ピンクのひらひらちゃん(笑)



 


 


 タムシバ咲き始め。



 


 


 



 


 


最後にまた、ピンクのひらひらちゃん~♪



 


 


 



 


 


 庚申塔登山口に無事到着。


距離が短いとはいえ、一気に登って下っての急な登山道でした。 


連日の山遊びで、もう足はガクガク全身ヘロヘロ・・・(^^;)



 


 坂戸山と六万騎山の花めぐり、今年も新潟の春を存分に楽しむことができました。


 特にコシノコバイモに会えたのは大収穫\(^o^)/


遠征、お疲れ様でした~。