※2016 3-26 茂木町焼森山ミツマタ群生地にて 


 


 


数日前からの寒の戻りで花冷えとなったものの、穏やかな晴天に恵まれた3月26日(土)。


栃木県茂木町のミツマタ群生地から焼森山~鶏足山周回コースを歩いて来た。


近年、地方紙などにも掲載される様になり知名度がUPした人気のお花見スポット。


混雑を避けて1番奥の駐車場から約1km手前に停めてトコトコと歩いて行く事にした。


駐車地、コース等の情報は全てケン坊さんのブログを参考。お蔭でスムーズに目的地まで辿り着くことが出来た。


予想通り群生地手前の駐車場は午前8時半で既に満車。


途中にも数台分の空スペースがあったが、そこは未だ余裕あり。(帰りは全て埋まって路駐も)



 


 


 その駐車場からミツマタ群生地までは約300m林道を歩いたところにある。


遊歩道は反時計回りの一方通行で一周すると634m。



 


 


 早速ミツマタ群生地にエントリー。オイラは美味しいものは最初に食べるタイプ(^^)v


お~っ、これは凄い!・・・と一人感嘆の声。


正にファンタジック!森の妖精たちが踊っている様な、または黄色い大河の流れの如く?


う~ん、ボギャブラ不足・・・。兎に角素晴らしいのだ。



 


 


 乱立する三脚を避けながらミツマタのトンネルを進む。



 


 


 周辺に漂う甘い香り。


妖艶なまでに美しい黄金色の貴女。



 


 


 遊歩道の反対側に周ると、花の向きが変わって全体的にやや白っぽく見える。



 


 


 森の中に日が差してとても幻想的な光景。



 


 


 押し寄せるミツマタの波。



 


 


 ミツマタは庭木の印象が強く余り好きではないが、これだけの大群生を見ると圧巻という以外に言葉がない。



 


 


出口まで戻って来たところで、後方で撮影していたカメラマンから怒号が響く。


どうやら前方にいる人がずっと動かずに撮影しているのが気に食わず注意しているらしい。


そう、撮影の邪魔だとか・・・。


ここは遊歩道になっているので人が写り込んでしまうのは仕方がないと思うけどね。



 


 


 そんな喧騒の中の群生地を離れ、静寂に包まれた林道を歩いて焼森山を目指す事とした。


まずは雰囲気の良い沢沿いの道。



 


 


 次々と現れるミツマタの群生。


良い香りだ。



 


 


 焼森山登山口からは暫しの急登を経て尾根に這い上がる。


この登りで随分汗を絞られた(^^;)



 


 


 焼森山山頂(423m)。


那須や日光、高原山そして雨巻山など、まずまずの眺望。



 


 


訳ありの為に先を急ぐので休まずに鶏足山へと向かう。


座禅岩を通り過ぎたところから振り返る。おばさんが少々危なっかしい歩き方をしていた。


 


 


 


 日当たりの良い尾根筋にはスミレなど、春の花々の競演。



 


 


まだ彩が少ない時期だけに貴重な花たち。 


 


 


 


 二等三角点のある鶏足山山頂(南側ピーク)431m。


樹林に囲まれて展望はないが、条件が良ければ富士山の見えるポイントもある。



 


 


 南側ピークから歩いて10分の北側ピーク。


こちらは栃木、茨城県側両方の展望が開けている。



 


 


 男体山など日光連山をズームで。



 


 


 那須連峰方面。



 


 


 遠方に太平洋が微かに見渡せる。


ここでゆっくり休みたかったが、生憎とベンチはどこかの山の会のパーティーに占領されて空きがない。


リーダーと思しき女性が良く通る声でメンバー相手にコース説明や山座同定をしていた。



 


 


 山頂写真だけを撮ってその先の護摩焚石に向かう。



 


 


ついでに山名の由来となった鶏石まで足を延ばした。


まあ、折角だからね。


 


 


 


 その後南側ピークに戻ると、あのパーティーはまだコーヒーブレイク中。


暫くベンチが空きそうにないので下山しましょう。


 


 


 


 復路は弛み峠からのコースを選択。



 


 


沢沿いに咲く花々を愛でながら約15分で再びミツマタ群生地へ。


 


 


 


 群生地は朝よりも人が増えて相変わらずの賑わい。



 


 


 実は朝来るときにコンビニに寄り損ねて食べ物を持ってきてなかった。


那須烏山市付近で立ち寄れば良かったのだが、まだこの先にあるだろうとスルーしたのが大間違い。


知らない土地に行くと良くある事で、気づいたらコンビニが無いと言う・・・(;^ω^)



 


 


幸いにして500mlのペットボトルを2本持参していたので喉の渇きだけは凌ぐことが出来た。 


 下山後はお腹が空いてどうしようもないので、帰路に「道の駅もてぎ」に駆け込んでラーメンとたい焼き2個を食べた(笑)


おまけは那須烏山市の龍門の滝近くにあるカタクリ群生地への立ち寄り。



 


 


春の日差しをいっぱい浴びて元気に咲いていました。


現在五分咲き。


 


 


 それにしても帰りは駐車地から抜け出るのに難儀するほどの大渋滞。


次に行く機会があるとすれば平日が無難だな。


尚、焼森山・鶏足山は2012年12月8日に下小貫登山口から歩いているので今回で2度目。


 


満開のミツマタ群生地を堪能してきました~♪