「出てこいシャザ~ン!」


って、社山に向かって1度は叫びたかった・・・古いオヤジギャグ、スルーして下さい(^^;)


2016年3月20日、好天となった3連休中日に日光市の社山を歩いて来ました。


過去3度ほど歩いている社山であるが、以前から積雪期に1度は歩いてみたいと思っていた。


だが厳冬期となると自分の技量ではハードルが高いので春先の残雪を狙う事に。


前日の雨が上がり、朝から良い天気。出発地の中禅寺湖畔歌ヶ浜Pより社山を望む。


 


 


 


まずは湖畔に沿っての長い車道(遊歩道)歩き。


マンサクが咲いていました。



 


 


 イタリア大使館別荘記念公園付近の湖畔から望む男体山。



 


 


 阿世潟から阿世潟峠までの斜面には積雪があり念の為にアイゼンを装着。


ところが峠から続く日当たりの良い稜線には全く雪がない。


ここでアイゼンを外し様子を見ながら登って行く。



 


 


 雨量観測所を超えた辺りから断続的に残雪が目立ってくる。



 


 


 ちょっとした雪庇の様なところも・・・。



 


 


 展望の良い稜線上の小ピークから振り返る。


中禅寺湖から男体山ファミリー、そして戦場ヶ原まで。



 


 


歩いてきた稜線と奥に半月山。


やや雲が湧き春の空となってきたが、風は弱く穏やかな登山日和。



 


 


 どこから見ても目立つ奥白根山。



 


 


 厭らしい急斜面を登り切って・・・結局、峠からはツボ足で通した。


ちょうどこの辺で早くも下山して来る若い単独女性とすれ違う。



 


 


 さあ、もうひと踏ん張り。



 


 


 10:15社山山頂(1827m)到着。


山頂ではカップルさんが仲良くランチタイム中。



 


 


 気を遣った訳では無いが、そのまま証拠写真だけ撮って山頂より先のビューポイントまで足を延ばす。


特に荒々しい足尾側の山並みがダイナミック。



 


 


 いつかは歩きたいとの思いを馳せながら、黒檜岳へと続く笹原の稜線に萌え~。



 


 


 奥白根山~錫ヶ岳へと続く尾根をズームで。



 


 


 皇海山など足尾の山並み。



 


 


 暫し展望を堪能した後は山頂に戻ってランチタイム。


下山はアイゼンを装着するかどうか迷ったが、結局最後までツボ足で通す。



 


 


 眺望を楽しみながらも慎重に歩を進める。


この日は団体さんも含め20名程度の入山。その殆どがノーアイゼンと言う雪の少なさ。



 


※追記:その後小休止した阿世潟峠でアイゼンを外していた単独の男性がいた。


どうやら昨年秋の甲子山でもバッタリした野球親爺さんで、半月山経由で社山へ向かう途中だったとの事。


 


 


 最も雪が残っていたのは阿世潟峠から阿世潟までの日陰の窪地。


そこから中禅寺湖畔に沿っての遊歩道の一部。



 


 


長い歩道歩きに飽きたら砂浜で遊ぶ。



 


 


 イタリア大使館別荘記念公園付近の湖畔から社山を振り返る。


相変わらず西側は快晴。



 


 


 観光客で賑わう歌ヶ浜に戻って来ました。


男体山山頂は東側より湧き上がる雲に覆われている。



 


 


 それとは対照的にくっきりと晴れ渡る奥白根山方面。



 


 2月末の黒斑山以来の山歩きとなった今回の社山。


これからの花シーズンに向けて里山歩きが中心となるが、GW前後までは残雪の山も楽しみたいと思っている。


【コース】


歌ヶ浜P(7:35)~阿世潟峠(9:00)~社山(10:15)~阿世潟(11:50)~歌ヶ浜P(12:50)


行動時間5時間15分。