まだリハビリ中の身ではあるが、片道30分程度の運転ならば問題ない。


先月の紅葉散策に訪れた際に立ち寄った那珂川町の「道の駅ばとう」で目にした小砂地区の観光案内。


那珂川町の北部に位置する小砂地区は平成25年10月4日、「日本で最も美しい村」連合への加盟を認められた・・・とあった。


その時に興味を持った事もあり、時期的に中途半端なのを承知で散策へと出かけて来た。


小学校付近の駐車スペースをお借りしてスタート。



 


 


 


小砂地区は伝統の小砂焼きでも知られている陶芸の里。



 


 


 


四季の中で最も美しい風景に出会えるのは、棚田に水が張られ里山が萌黄色となる春がベストだそうだ。


リサーチ不足もあって自分が思い描いていた景観、撮影スポットに辿り着けなかったのが残念。


皆さんにお見せする様な素晴らしい画像や食もなく、レポートとして成り立たない。



 


 


 


完全に没ネタであるが、備忘録としてアップしておこう。


 こんな事ならわざわざ訪れないで近所の散歩でも良かったのでは?


いやいや、知らない場所を歩くのは新鮮なんですよ。



 


  日本で最も美しい村とは?こちらを参照ください。⇒クリック


栃木県で「日本で最も美しい村」連盟への加入は小砂地区が初めて、関東でも群馬県の3ヶ所に続いて4番目との事。


 ※中身が薄っぺらなのでコメント欄は閉じております。