今週は散々迷った挙句、最終的にチョイスしたのは中三依の芝草山(栃木百名山)であった。


細尾峠からの薬師岳~夕日岳(禅頂行者道)も捨て難かったが、紅葉目的という事情で芝草山に軍配が挙がる。


準備を整えて日の出と共に北上したが、那須塩原市関谷まで来ると猛烈な風が吹き荒れ車体が煽られるほど。


冬型の気圧配置となり広範囲で強風となるのは承知していたが、樹林帯に入れば何とかなるだろうと楽観的であった。


道の駅「湯の香しおばら」手前まで来たところで断念してUターン。


家を出てから僅か数十分、登山口に着く前に敗退。これは史上最速の出来事か?(^^;)


さて、これからどうしよう?


取り敢えず南下・・・という安易な考えで、辿り着いたのは前日光ハイランドロッジ。


それ程強くはないが冷たい風が吹き、車外に出るとやっぱり寒い。



 


 


 


新しく整備されたばかりの遊歩道を象の鼻に向かって進む。


従来の未舗装の道よりも高い位置に作られているので眺望が宜しい。



 


 


 


象の鼻展望台からのパノラマ。


流石に富士山やスカイツリーは見えなかったが、赤城山から袈裟丸連峰、皇海山、日光連山などがくっきりと。



 


 


 


その後は鹿進入防護柵を通り抜け井戸湿原へと向かう。


残念ながら紅葉は終わっていたが、静寂に包まれた晩秋の趣がいい感じ。



 


 


 


ここからは井戸湿原を一周するコースを辿り、途中で五段の滝に寄り道。


横根山界隈は花崗岩の巨石が重なって分布する岩海と言われる景観があちこちで見られる。


手持ちスローシャッターにて撮影。



 


 


 


紅葉残り。



 


 


 


周回して井戸湿原への入口に至る。



 


 


 


樹林帯に入ると風が遮られポカポカと暖かく、まるで初冬の陽だまりハイキングの様だ。


青空に映えるカラマツの黄葉は間もなく見ごろ。



 


 


 


通算3度目の横根山山頂(1373m)に立つ。



 


 


 


実は古峯神社から地蔵岳~禅頂行者道、或は古峰ヶ原から三枚石を歩こうと思っていたんだけどコンビニに寄るのを忘れたんだ。


仕方なく前日光ハイランドロッジまで来たと言う訳(-_-;)


ここならペットボトル1本でも十分だしね。



 


う~ん...(-ω-`;)ゞ 、今週も先週に引き続き軽ハイキングになってしまったな~。


ちょっと物足りないけど暴風では仕方がない。


また次があるさ・・・。