7月31日の夏休み山行第3弾、自分にとっては6年ぶりの北アルプスとなりました。


確か相方さんは今回が北アデビュー、とか言ってたかな?


それではぼちぼち八方尾根~唐松岳の後編、いってみよう\(-o-)/


 天然のクーラー扇雪渓での休憩&雪遊び後、いよいよ山頂を目指してリスタート。


因みに目の前のピークは丸山、唐松岳はまだまだ先・・・。



 


 


 


空は文句なしの快晴、昂る気持ちを抑えつつ1歩1歩ゆっくりと登って行く。


基本は私が同行者のペースに合わせるが、気付くといつの間にか遥か前を歩いている事がある(^^;)



 


 


 


 振り返ると・・・



 


 


 


雲海の彼方に妙高、火打山・・・ここ、行きた~いっ!(笑)



 


 


 


 丸山山頂直下には大好きなチングルマのお花畑。


北アの名峰を背景に絵になる風景が広がっている。これぞ北アルプスってか!



 


 


 


 



 


 


 


思わず足を止めてウットリ・・・キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー



 


 


 


 程なくして、大パノラマの広がる丸山山頂に到着。


急ぐ旅でもないので休憩しましょ。



 


 


 


 丸山ケルンから不帰嶮。



 


 


 


 五竜、鹿島槍を背に喜びのポーズ再び(^^)v


期待通以上の眺望に大満足。



 


 


 


さて、真ん中のピークが目指す唐松岳でしょうか。



 


 


 


刻一刻と変化するドラマチックな大自然の展開に感動しながら歩を進める。 


もう、言葉はいらない・・・。



 


 


 


 たくさんの花々と絶景と、一期一会の出会いに喜びを感じて。


タカネヤハズハハコ 。



 


 


 


 



 


 


 


 ハクサンイチゲの残るお花畑。



 


 


 


 そして待望の唐松岳頂上山荘がようやく見えてきました。


北アルプスの入門コースと甘く見ていたが、思っていた以上に大変だったよ。


やはり予想以上の猛暑と寝不足が祟ったかな?・・・反省です。



 


 


 


 さあ、目の前には剱岳、立山連峰の壮大なるパノラマ。


北アルプス劇場の始まり始まり~♪



 


 


 


どうよ!疲れも吹き飛ぶ美しさじゃありませんか・・・!!!



 


 


 


 山荘前では扇雪渓で遊んでいた中学生らがランチ休憩中。


登山道が渋滞する前に山頂へ行きましょう。



 


 


 


歩き出して直ぐにトウヤクリンドウみっけ♪・・・と相方さん。



 


 


 


途中の砂礫地にはたくさんのコマクサ。



 


 


 


 



 


 


 


 山頂手前からは五竜岳の後方遥かに槍ヶ岳の姿を確認。


やはり存在感あるね。



 


 


 


 そして、遂に唐松岳山頂(2696m)にとうちゃ~く♪


喜びのポーズ、三度・・・(笑)


 山頂ではゆっくり寛ぐというより、ハイテンションのままあっちに行ったりこっちに来たりと動き回る。



 


 


 


 もちろん、地図を広げての山座同定もしましたよ。


ただ、お隣さんも同じようにやっていたので自然と耳に入ってきたけどね。


ふん、ふん、なるほど、あれが鷲羽岳、水晶岳・・・そんな感じで(笑)


不帰嶮、白馬岳方面を背に記念写真。



 


 


 


さあ、お腹も空いてきたのでボチボチ下山して山荘前でランチタイムとしましょうか。


隣のベンチに座っていた親子は家族で小屋泊だって。羨ますぃ~っ(笑)


 


 


 


 


唐松岳とはお別れの時間となりました。 


いつまでもこの場に留まりたい気持ちを振り払い、重い腰を上げての下山開始。


 往路でスルーしたり気付かなかった花を愛でながら・・・チシマギキョウ。



 


 


 


少々お疲れ気味のクロユリ。



 


 


 


扇雪渓の上部辺りからはガスの中の下山。


山頂であれだけの展望を得られたのはラッキーだった?


いや、日頃の行いが良いからこその結果だよ・・・って、ホントかね(笑)



 


 


 


 



 


 


 


 


 登りの時は全く気付かなかったキヌガサソウ。沢沿いに群生していました。


他にもシラネアオイがわんさか(遠かったので写真は無し)。



 


 


 


お初のイワオウギ。



 


 


 


 シモツケソウ、タテヤマウツボグ、ニッコウキスゲその他、色とりどりのお花畑。



 


 


 


その美しさにうっとり・・・。



 


 


 


 ウサギギク。



 


 


 


途中のダケカンバ林で戯れるアラ還おやぢ。


我ながらなんて楽しそうな・・・(笑)



 


 


 


 


 



 


 


 


下山はあっという間。


 ガスガスの八方池・・・思い返して見ると、最初に立ち寄って正解だったね。


この時間帯では池への映り込みは望めそうもなかったし。



 


 


 


往路でスルーした第3ケルン・・・って、おいおい(^^;)



 


 


 


ブラシのような?花が特徴、カライトソウの群落。 



 


 


 


周りの花が派手過ぎて存在感の薄いハッポウウスユキソウ(;^ω^)



 


 


 


第2ケルンの先からはユキワリソウ、ミヤマクワガタその他の花を楽しみながらの展望コース経由。


眼下には白馬の街並みも見えて来ました。



 


 


 


 


 


 


 


 


 もう直ぐ八方池山荘・・・さあ、ご褒美のソフトクリームが待ってるよ(笑)



 


 


 


 リフト2本を乗り継いで出発地の黒菱平に無事ゴール。


安全運転で帰りましょ。お疲れ様でした。



 


ダイナミックな山岳風景と他に類を見ない広大なお花畑を満喫したサマーバケーション。


好天にも恵まれ、久しぶりの北アルプスの絶景に酔いしれた1日となりました。


次は小屋泊でゆっくり流れる時間を楽しみたいね。


早くもそんな声が聞こえてきたよ。


 


【コース】


黒菱第3ペアリフト(6:25)~八方尾根~~唐松岳(11:30)~黒菱第3ペアリフト(15:20)。


総行動時間、約9時間。


登山道は全体を通して良く整備されとても歩きやすく危険個所もありません。


但し、観光気分の軽装で行くと痛い目に遭う可能性もあり。


しっかりとした登山装備での計画がお勧めです。