今シーズン最後の雪山を楽しもう♪・・・そう意気込んで福島県西郷村の赤面山へ。


登山口は栃木県那須町との県境にあり、家からは車で約1時間半ほどの距離。


序盤はスキー場跡のゲレンデに沿ってリフト2本分を登って行く。


白河高原スキー場(旧赤面山スキー場)と言えば、30数年前の青春時代に何度か訪れた思い出の場所。


いやいや、スキーDEデートなんて甘~い思い出は記憶にございませんよ(;^ω^)


当時はホントに硬派でしたから・・・(笑)



 


 


 


ゲレンデ歩きに飽きたならば、時々コースを逸れて森の中を彷徨うのも宜しい。



 


 


 


途中で山スキーの単独男性に追い抜かれる。


シールを貼ったスキー板で急傾斜のゲレンデをガシガシと登って行く。


これはラッキー、トレースとして有難く使わせて頂こう。



 


 


 


後方には体調イマイチな相方さんの姿。


ゆっくり歩いている心算だけど、距離がどんどん離れて行っちゃう(;^ω^)


 


 


 


 


今日の天気は1日中曇り予報、所により時々小雨? 


晴れていれば眺望の良いコースであるが、生憎のガスガスで視界不良となる悪条件。


途中からみぞれ降り出すも、風は弱く気温やや高し。



 


 


 


場合によってはリフト終点からの退散も考えたが、動かないリフトに乗って遊んでいるうちに元気が出た。


一時は那須・平成の森に移動してスノーシューでもやろうか?


なんて話もしていたけどね。



 


 


 


森の中に入るといつもの弾けっぷりが発揮され完全復活~(^^)v



 


 


 


静かで雰囲気のあるブナの森に入った事で、心身ともに癒されたのであろう。


この調子で山頂まで行きましょう~♪


 で、君は妖精かい?それとも幻を見ているとでも言うの?(笑)


 


 


 


 


やがて森はブナからダケカンバへと変わる。


本物の妖精が現れても不思議でないくらいの素敵な樹林帯。



 


 


 


やっぱり幻覚か? 


 


 


 


 


先行していた山スキーの男性が下りて来て、もう少しで山頂だよと励まされる。 


周りを見渡すと木々の枝には霧氷がついていた。


晴れていれば、さぞ美しいであろうに・・・残念。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


灌木帯を過ぎ稜線に出るとようやく山頂直下。 


ずっと山スキーヤーのトレースを追ってきたが、それも見失ってしまうほど真っ白な世界。



 


 


 


プチ・ホワイトアウトの瞬間(*_*) 


 


 


 


 


山頂(標高1,701m)到着時には風も強くなってきたので証拠写真だけ撮って即退散。


楽しみにしていた那須連峰その他の眺望はお預け。


晴れていれば360度の大パノラマであるが、今回は心の目でしかと感じてきた。



 


 


 


顔は笑っているが内心ドキドキ・・・。 


 


 


 


 


こちらは余裕のポーズ? 



 


 


 


ブナの森の安全地帯に戻って静かなランチタイム。


ゲレンデ跡の斜面ではキャーキャー叫びながらシリセードで楽しく下山。



 


 


 


 


 


 


 


 


あっという間に登山口に到着(^^)v



 


 


 


何はともあれ、無事下山・・・終わり良ければ全て良し。


これにてしゅーりょー!(笑)



 


タイトルのホワイトアウトは大袈裟であるが、風も弱く静かな森歩きとスキー場跡での雪遊びが楽しめた。


思ったよりも雪が締まっていたので軽アイゼンのみで通し、念の為に持参したワカンは使わず仕舞い。


 で、ここだけの話、太腿までの踏み抜きが2度・・・(^^;)


雄大な展望こそ頂けなかったが、今シーズン最後のスノーハイクとしては十分満足できた。


【コース】 


駐車スペース(8:00)~第2リフト跡(9:39)~赤面山(10:45)~駐車スペース着(12:10)


3月8日(日) とんでもないコンビ


さあ、いよいよ次からは花追いモードにシフトチェンジしよう!


 


※早々にコメントを頂いた皆様、未完のままのレポUPでしたが漸く完成。


一部画像の追加等、再編集しました。(3月10日)