12月下旬の赤城山(黒檜山~駒ケ岳)からスタートした今冬の雪山シーズン。


そして日光の庵滝、雲竜渓谷、高原山スッカン沢の氷柱、氷瀑めぐりが続いた1月。


2月となり、この冬のメイン山行と位置付けていた樹氷モフモフの北横岳。


もう何度目の正直でしょうか?ずっと天気に泣かされ続けていたが漸く念願叶う事になりました。


2月28日(土)、冬型が緩み高気圧に覆われての好天予報となったこの週末。


メンバーは赤城山の時にお世話になった週刊赤城?のkazuさん、それにいつものchikoやんと私。


kazuさんには今回も現地までの運転、北横岳のガイドなど、大変お世話になりました。


有難うございます。


まずは予報通り絶好のスノーハイク日和となった朝の北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅。


快晴無風の素晴らしい天気となればスタートからテンションアップ。


しかも、いきなりkazuさんのネット仲間であるこうち隊とのバッタリがあり~の(^^)v


この出会いはこの後で起こるであろうサプライズの数々、その序章に過ぎませんでした。



 


 


 


ロープウェイ山麓駅駐車場からの眺望。


中央アルプスやその他、日本の主な名峰が見られてここだけでも満足。



 


 


 


ロープウェイに揺られて数分、山頂駅から坪庭の入口へ。


ハイ、ここで2組目のバッタリ&サプライズ。


前日から北八ッ入りして不穏な動きを見せていたyukoさんLaylaさんが合流~♪


日光3人娘、久しぶりの勢揃い(笑)



 


 


 


総勢5名となった我が変人会?パーティー。


一緒に楽しく北横岳山頂を目指す事になったとさ・・・めでたし、めでたし(^^)v



 


 


 


ロープウェイ山頂駅方面を振り返る。


北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳など南アルプスの峰々を背に弾けまくるyukoさん。



 


 


 


chikoやんとkazuさんも負けじと・・・(^^;)


私の後ろにいたyukoさんが、kazuさんもあんなキャラに変わったの?


と、ボソッと呟いた一言を聞き逃しませんでした(笑)


そう、みんな操られています。



 


 


 


最初から楽しさMAXですね~♪ 


 


※写真 Laylaさん 


 


 


10万坪に及ぶ広大な溶岩台地「坪庭」から目指す北横岳方面の美し過ぎる眺め。


この抜けるような青空。


今日まで待って良かったとしみじみ思う。



 


 


 


坪庭の第一休憩所にて。


後方に縞枯山。



 


 


 


第二休憩所から鳳凰三山、南アルプス、中央アルプス、御嶽山などの絶景を楽しむ。



 


 


 


今回の冬山装備の足元はLaylaさんがスノーシュー、他4名はアイゼンを装着。


雪質は最高でトレースさえ外さなければ特に問題なく歩ける。



 


 


 


それにしても立ち止まる回数が増えて序盤から殆ど前進せず。


今日は1日を通しての快晴予報。



 


 


 


この世のものとは思えない絶景を堪能しながらゆっくり行こうではないか。



 


 


 


その後一旦下って沢を渡り、樹林帯に入ると九十九折りの急な登り道。



 


 


 


 シラビソの森は樹氷のトンネル。



 


 


 


青空とのコントラストは期待以上の美しさ。



 


 


 


自然の織りなす美しい光景にはいつも驚かされるばかり。



 


 


 


もう、笑いが止まらず・・・ウハウハ\(^o^)/



 


 


 


これ以降も撮影枚数がいつも以上に多くなったのは言うまでもない。



 


 


 


だって、どこを切り取っても綺麗なんだもん・・・♪



 


 


 


 



 


1回でまとめる能力がないので次回へと続けさせて頂きます。


その後またまた嬉しいバッタリが待ち受けていたとは、この時の私達には知る由もありませんでした。


 さて、最初の記事は私が1番のりでのUPとなったが、この後は皆様のレポ待ちとなるのでしょうか?