今日(25日)は日光○人会のメンバーで、高原山のスッカン沢氷柱ツアーに行って来ました。


朝から曇の多い天気でしたが、風もなく穏やかなスノーハイクが楽しめました。


メンバーはLaylaさんchikoやん、晴れさん、晴れ夫さん、yosiさんやまとそばさん、私の7名。


今週参加出来なかったyukoさんトレッキングさんモモクリさんは18日にやまとそばさんの案内で来ています。


「道の駅やいた」7時に待ち合わせ。


参加メンバーが揃ったところで、やまとそばさんと私の車に分乗し「山の駅たかはら」へ。


今回のコースは学校平から桜沢~スッカン沢の往復としました。


出発前に記念写真。


皆さん、かっこいいですね(^^)v



 


 


 


昨日(土)は数十名のハイカーが入山したことでトレースばっちり。


積雪も多く締まっているで最初からアイゼンを装着してのスタートとなりました。


写真を撮る人、ポーズして弾ける人、早くもハイテンション(笑)



 


 


 


 


 


※photo Laylaさん 


 


 


下って、下って左手に桜沢の大きな流れ、右手に小さな枝沢が現れると・・・



 


 


 


間もなく雷霆の滝でした。


ここで小休止。


行動食を頬張る人、写真撮影に没頭する人、それぞれに寛ぎます。



 


 


 


昨年は雷霆の滝の3分の2は凍結していましたが、今年は3分の1くらいです。


思ったよりも冷え込みが弱いのでしょうか。



 


 


 


桜沢に架かる雷霆の吊橋を渡ります。



 


 


 


 



 


 


 


山の駅を出発する頃はどんより曇空でしたが、いつの間にか青空が覗く絶好の氷柱ツアー日和となりました。


てか、日差しがあると暑く感じ、まるで春先の様な陽気。


大丈夫か?氷柱・・・(^^;)



 


 


 


歩いては立ち止まりと、大勢で歩くのは楽しいですね。 



 


 


 


咆哮霹靂の滝分岐を見送りスッカン沢方面へ。


コース上最もきつい急斜面を登るメンバー。


晴れさんも頑張っています。



 


 


 


程なくしてスッカン橋と桂の大木が見えて来ました。


スッカン沢氷柱群の入口に到着です。



 


 


 


最初に見えてきたのは柱状節理横の氷柱。


さあ、今年のスッカン沢氷柱群はどんな具合でしょうか?



 


期待は膨らむばかりですが、長くなるので後編へと続く。