11月8日(土)、今週末も天気は下り坂予報だが、午前中の晴れ間を狙って鹿沼市の大芦渓谷に行って来た。


大芦渓谷へは、県道58号線の一の鳥居(大鳥居)の手前に架かる橋を渡らずに右折。


約3km程行った所に「白井平橋の大もみじ」があり、その橋の下の渓谷からの景観が素晴らしい。



 


 


 


 白井平橋から渓谷を見下ろすと、紅葉狩りに来た観光客の姿がいっぱい。


河原でBBQをやっているグループの姿も。



 


 


 


貴重な青空カット。



 


 


 


 雰囲気のある民家の風景。



 


 


 


 それでは大芦渓谷に降り立ってみましょう。



 


 


 


 橋の上流側。


川を挟んでの紅葉、黄葉の対比が美しい。



 


 


 


 そして清らかな水の流れ。



 


 


 


カメラマンなど多くの人が集まっているポイント。



 


 


 


白井平橋を上前方に素晴らしい紅葉風景。



 


 


 


 



 


 


 


 実はここを訪れるのは初めてだが、これ程見事な場所とは思いも寄らず。



 


 


 


 で、似た様な写真を何枚も・・・(;^ω^)



 


 


 


どうせなら別のカメラを持ってくれば良かった。


こんな時に限って1番安いコンデジ・・・って(笑)



 


 


 


 



 


 


 


 ついでに橋の下流側に下りてみよう。



 


 


 


 こちらは人も少なくて静か。


カメラマンのレンズの先には・・・



 


 


 


 こんな風景が見えていたのでしょうか?



 


 


 


 



 


 


 


帰路は小来川の山帰来(さんきらい)に寄ってゆばそばを食す。


11時半前に行ったのに食べるまで1時間待ち。


 


 


 


 


 人気の十割蕎麦は正午には品切れとなる人気の高さ。



 


 大芦渓谷の紅葉は今が旬。


時間があればその先の大滝まで足を延ばすのもおススメ・・・だとか。


私はそこまで行ってないので何とも言えず(笑)