某日、さくら市押上のカワラノギク保全地に立ち寄りました。


 カワラノギクは関東地方の一部の河川に生育するキク科の二年草。


 薄紫の清楚な花を咲かせています。



 


 


 


今では絶滅の危機にあるそうですが、押上水神会等の努力で6,000㎡に10万株が蘇ったとされています。



 


 


 


実はこの場所を知ったのは、もう3年以上も前の事。


山以外にも河川敷などを歩くのが好きだったので、その時に偶然辿り着いたと言う訳です。



 


今が旬ですが、訪れる人は少なく静かに鑑賞できました。