1月25日(土)、スッカン沢で氷瀑・氷柱群を堪能し、出発地の山の駅Pに戻ったのは11時過ぎであった。


往復3時間程歩いた事になるが、まだまだ時間も体力も余裕がある。


2月は多忙となる事が決定しているので、もしかすると今冬の雪遊びはこれで最後となるかも知れない。


今日は思い残すことなく存分に楽しみたいと、持って来たスノーシューを装着して放牧場方面へと向かった。



 


 


 


雪は少ないがスノーシューで遊ぶには問題ない。



 


 


 


気温上昇で雪質は重く、正直言って歩き難い・・・(^_^;)



 


 


 


見渡す限り広大な放牧場であるが、今回は一昨年と同様タンネ森と呼ばれるエリアを歩く事にした。



 


 


 


北欧の森を彷彿とさせる雰囲気の良いコース。 


・・・って、北欧なんて行ったこと無いけどね(^_^;)



 


 


 


トレースは薄いが道は一直線!



 


 


 


今日の目的地は牧場の貴婦人と名づけられた1本のダケカンバがあるポイントまで。


往復1時間ちょっとなので軽く歩くには丁度良い。


ここで昼食タイム。



 


 


 


本日の雪遊びはこれにて終了。



 


2月も無理のない範囲でスノーハイクを楽しみたいけど、果たしてどうなる事やら?!


あっと、書き忘れましたが・・・


 放牧場を歩いていて深みに嵌って転倒し、もがいていたら手に擦り傷、流血したのは内緒です(笑)