私が山歩きを始める前の趣味はゴルフでした・・・と言うのは余り知られざる事実。


もう記憶が曖昧となりましたが、30歳代前半~40歳代前半までの約10年間だったでしょうか。


ゴルフでの付き合いは山歩きとは比較にならないほど広範囲でした。


親族、会社関係や地域(クラブ)・・・などなど。


特にバブル期には会社関係が多く、部課長杯、会社全体の大会、職場の同僚や先輩後輩とのプライベート。


その他にも色んなショートコースに練習を兼ねて一人で行った事もあった。


一体月に何回ラウンドしたのだろう?(本コースは月1~2かな)


練習をやり過ぎて背中の筋肉を痛めたこともあった。


自己流だったのでその割には上達しなかったけどね・・・(^_^;)


それこそ猫も杓子もやっていた時代でした。


ところが90年代後半頃になると潮が引くようにブームが去り、急激にラウンド回数が減ってきた。


先日那須へ行った時に通った県道30号線沿いにもお気に入りのショートコース黒磯高原GCがあった。


私の古いカーナビには今でも場所が表示されるが実際には平成22年に閉鎖されている。



 


記憶が正しければ、この黒磯高原GCでのラウンドが我がゴルフ人生最後のプレーとなった。


確か2001年○月、諸事情で早期退職を余儀なくされた職場の先輩とのお別れラウンドでした。


 当時はサラリーマンにとって特に厳しい時代で、他の方との送別ゴルフも数回あったので記憶違いの可能性もある。


その後私は何となくゴルフをやる気力が失せて結果的にやめてしまった。


苦手は左右に曲がるドライバー、ショートアイアンでのアプローチが得意でした。


 カーナビに映し出された黒磯高原GCの地図を見て急にそんな事を思い出した次第です。