金精峠を背にして温泉ヶ岳への稜線を歩きます。


大半の登山者は奥白根方面へと向かうが、今回私は期待と不安を胸に初めての稜線へ・・・。


※写真は復路に撮影したのでやや雲が多め。



 


 


 


緩やかなシャクナゲロードの登り、花期が過ぎているのでやや単調かなと思える道が続く。



 


 


 


暫く歩くと展望が開け、背後に金精山や奥白根山の大きな姿が見えて来ます。



 


 


 


勿論日光男体山や戦場ヶ原も望めてくるが、逆光のために撮影は復路に取って置こう。


7時59分、シャクナゲの道から針葉樹に覆われた平坦地に来ると温泉ヶ岳への道標がある。



 


 


 


8時07分、道標に従い左へ折れて急坂を一登りで山頂へ到着。


登山口から約1時間10分。


温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)標高2332.9m、栃木百名山。



 


 


 


山頂からは尾瀬方面の展望良好とあるが、この日は遠望が利かず撮影するのを忘れてしまった。


微かに至仏山などが見えていたのかも知れません。


こちらは男体山抜きの日光連山。


眼下に小さく刈込、切込湖の湖面が光ります。



 


 


 


今日はこの青空が当分続いてくれる事を願いつつ次なる目的地、根名草山を目指す。



 


金精峠からここに至まで、まだ誰にも会っていません。


何時にも増して静かな山旅となりそうな予感がします。


 そして歩くスピードも必然的にハイペースに・・・。