毎年恒例の夏休み登山、今年は上信越の日本百名山3座をGETして来ました。


東北地方に停滞する前線の影響で天候不安がありましたが、結果的に上信越地方を選択して正解でした。


7月21日(日)は新潟県湯沢町の苗場山へ(祓川コース)。


雷清水付近から望む苗場山。



 


 


 


山頂直下の鞍部に広がるお花畑。



 


 


 


大小の池塘と草原が織り成す見事な情景。


高層湿原の広がる山頂一帯からは谷川連峰などの眺望良好。



 


 


 


2日目(22日)の朝は長野県の志賀高原を軽く散策。



 


 


 


 



 


 


 


その後群馬県草津町に入り、高山植物の女王コマクサで知られる草津白根山を登る。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


天気は快晴でした。



 


 


 


そして最後は群馬、長野県境に位置する浅間山の第一外輪山最高峰の黒斑山へ。



 


 


 


天気が崩れる前に思い切った状況判断で、無事に予定通りの山旅をコンプリートできました。



 


 上信越地方を巡る山旅、栃木県北部からの走行距離は600Km弱となったでしょうか。


詳細レポは疲労回復後にUPします。