栗山ダム(日光市)を挟んで向かい合い、月山はアカヤシオ、夫婦山はヤマツツジの群生地として知られる。


日陰牧場~ダム広場まで車で入れ、気軽に登れる山・・・とガイドブックでは紹介されている。


5月1日(水)、昨日1日だけ休養してまた山に出かけて来ちゃった(笑)


月山(標高1287m)


ダム広場の駐車場から林道を歩く。


前方に月山中腹に群生するアカヤシオを確認。



 


 


 


コースはバーベキュー広場の登山口からの反時計周り、若しくはダムサイトから入っての時計回り。


どちらでも良いが、今回はダムサイトからの時計回りコースを選択。



 


 


 


北尾根に取り付く。



 


 


 


尾根にはアカヤシオが咲始め。



 


 


 


山頂周辺のアカヤシオはまだ蕾。


西側正面に霧降高原と赤薙山。



 


 


 


向かい合う夫婦山。 


 


 


 


 


東に高原山。



 


 


 


一旦分岐に戻り西尾根コースにて下山。


途中には片側の切れ落ちた急斜面があり歩行注意。


月山では最近滑落事故が発生しているそうだ。



 


 


 


登山道脇のショウジョウバカマ。



 


 


 


中腹まで来るとアカヤシオが見頃。



 


 


 


 



 


 


 


やっぱり花は少ないかな?



 


 


 


下山口(登山口)のバーベキュー広場では5月3日に開催されるイベントの準備中。


アカヤシオのピークはこれからで、GW後半が見頃となりそう。



 


 


 


さて、まだ時間もあるのでもう1座やっつけましょうか。



 


 


 


夫婦山(標高1342m)


夫婦山へは明瞭な登山道が無く深い笹薮を掻き分けて進む。


道標も一切無いので目印のテープを頼りに牧場の柵から林の中へ入る。



 


 


 


笹の深さは腰から胸の高さほどで、踏み跡も薄い。


なので藪を突破する気合と強引さが必要。



 


 


 


中間地点の大岩。


この辺りから展望が良くなる。



 


 


 


写真では歩き易そうに見えるが、笹薮は相変わらず腰の高さほど。



 


 


 


振り返って広大な裾野の霧降高原と赤薙山。


六方沢橋や大笹牧場も肉眼で捉える事ができる。



 


 


 


藪漕ぎ続きで体力消耗。


山頂到着と同時に倒れこむように腰を下ろす。



 


 


 


 



 


 


 


山頂を独占してのランチタイム。


・・・って言うか、よっぽど物好きでもないとこっちには来ないか(^_^;)



 


 


 


眼下に栗山ダムサイトと先ほど歩いた月山の全容。



 


 


 


夫婦山のヤマツツジは5月中旬から下旬ごろ。


ガイドブックによると新緑の山を真っ赤に染めるそうだ。


さて、展望を楽しみながらの下山開始・・・と言いたい所だが、足元に注意しながらの藪漕ぎ下山。



 


 


 


1度躓いて尻餅をついたが、道迷いもせずに無事帰還。


決してお手軽とは言えないが、展望良好そして達成感の味わる魅力的?な夫婦山。



 


【コース】


☆ダム広場P~栗山ダムサイト~北尾根~月山山頂~西尾根~バーベキュー広場~ダム広場P


☆日陰牧場ゲート脇~大岩~夫婦山山頂~往復(全コース深い笹薮、踏み跡薄し)


ガイドブックではどちらもCT2時間程度。