4月29日(月)GWも3日目となり、冬型の気圧配置が緩み絶好のハイキング日和となった。


今年は残雪の至仏山を予定していたが、荒れ模様の天候が続いていた事で早々に遠出を断念。


ならばと、家から登山口まで約1時間の那須岳で雪遊びする事とした。



 


 


 


最も残雪が多かったのは峠の茶屋を過ぎてから樹林帯を抜けるまでの一部分。


直ぐに軽アイゼンを装着したが、中の茶屋跡付近のガレ場からは雪が消えたので不要となった。



 


 


 


前方は剣ヶ峰下のトラバース。


この時期は落石や滑落の危険性が高まり最も難路となっている区間。



 


 


 


望遠レンズでトラバース中の登山者を捉える。


見ているだけでも危なっかしい感じ・・・。


朝日岳、三本槍岳方面に行くには2ヶ所の雪渓をトラバースしなければならない。



 


 


 


こちらは峰の茶屋手前に残る斜面の雪渓。


ここは傾斜も緩いので大したことないが、強風の時は要注意でしょうか。



 


 


 


スタート時は穏かだったが、風の通り道となっている峰の茶屋付近ではやや強めの風が吹いている。


体感気温も低く感じたので手袋を取り出す。



 


 


 


峰の茶屋付近からの眺望は三倉、大倉山の白い稜線が美しい。



 


 


 


遠く燧ヶ岳から会津駒ヶ岳などの展望。


数年前には強風の為にここからの展望を楽しんだ後に山頂に登らず撤退した事がある。



 


 


 


今回はさほど気にならない程度の風なので予定通り茶臼岳山頂を目指す。


尚、剣ヶ峰のトラバースを経て朝日岳方面を目指すのは1割にも満たないでしょうか。


大半のハイカーが茶臼岳へと向かって行く。


(当日、ロープウェイは点検整備のために運休中)



 


 


 


登山道にはほんの一部雪がついているが、特に危険個所も無く順調に山頂へ。



 


 


 


 



 


 


 


そして絶景を堪能しながら早目の昼ごはん。



 


 


 


 



 


 


 


遥か遠い空に浮かぶ白き山脈は飯豊山でしょうか。


この日は乾いた空気で展望抜群でした。



 


 


 


茶臼岳山頂では峰の茶屋付近で感じた風も収まり実に穏か。


そんな時はセルフ撮りで遊ぶしかないでしょ(笑)


採用したのはポーズに間に合わず立ち位置を探す瞬間のショット。



 


 


 


復路はお釜周り(お鉢巡り)での下山。



 


 


 


その途中の展望台?から見下ろす姥ヶ平とひょうたん池。



 


 


 


ズームで・・・。


紅葉時期のあの喧騒はなく静かな佇まい。



 


 


 


 



 


 


 


雪の残る斜面は慎重に・・・。



 


 


 


そして、無事に峰の茶屋まで戻って来ました。



 


 


 


 



 


 


 


最後に怖いもの見たさに剣ヶ峰のトラバース手前まで足を延ばす。


こ、これはやばいぜ・・・∑(′□`;ノ)ノ こゎっ!!



 


【コース】


峠の茶屋~峰の茶屋~茶臼岳~お釜周回~峠の茶屋~峰の茶屋


絶景を堪能した約3時間の春の那須岳ハイクでした。