県内の里山を歩くには早過ぎる朝でした。


(6:48AM 益子町某所にて)



 


 


 


下山後、時間が有り余っていたので立ち寄った「道の駅もてぎ」。



 


 


 


時刻はまだ11時AM、土日、祝祭日中心に運行する真岡鉄道のSLが通過するのは1時間後。


もう1度食べたい道の駅グルメランキングで1位となった十石屋のゆず塩ラーメンを食べながら時間潰し。


柚子の風味が利いた野菜たっぷりのヘルシーラーメン。


どちらかというと女性が好む味かな?



 


 


 


ラーメンの後は人気の手作りアイスクリームおとめミルクをペロリ・・・*(^ω^@) 


それでも時間があったので、明治後期~大正時代にかけて活躍した日本画家、古田土雅堂の旧邸を見学。


1999年に解体を余儀なくされた後、宇都宮市から故郷である茂木町の「道の駅もてぎ」河川敷公園内に移築。


大正中期の輸入住宅の生きた遺構、記念館として復元、保存されている。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


SL通過15分前。


先客のベテラン写真愛好家と一緒にベストポジションを陣取り通過待ち。


SLが来るまでの数分間、写真や衆議院議員選挙の話題までいろいろと立ち話。



 


 


 


そうこうしている内に遠くで近くで汽笛が聞こえ待望のSLがやって来た。


結果、俄か撮り鉄の作品は大失敗に終わったとさ・・・(汗;)



 


 


 


シャッターを押すタイミングが早過ぎて、被写体が小さくなってしまい迫力ある姿を表現できず。


画像トリミングしてもこれが精一杯。


あ~、せめて望遠レンズに交換しておけば良かったと後悔しても後の祭り。


教訓、不慣れな猿真似はやるべきでない!



 


 


 


 やっぱり真面目に山レポしよう・・・(^_^;)