今年は夏の猛暑と長引いた残暑の影響で紅葉が遅れ気味となりました。


それでも10月に入ってからは、何とか秋らしくなって来たようです。


那須姥ヶ平の紅葉もこの3連休に見頃となり、多くのハイカーやカメラマンで賑わっていました。


沼原Pから三斗小屋温泉、隠居倉を経由し、姥ヶ平に到着したのは予定通りの12時少し前。


目的地までは長い行列が出来ていました。



 


 


 


 



 


 


 


紅葉のピークはこれからでしょうか。


いつもと比較するともう一つ鮮やかさが無いように感じます。



 


 


 


それでも日差しがあればそれなりに・・・。 


 


 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


姥ヶ平に到着時は残念ながら茶臼岳上空に曇が掛かっていました。


昼食を摂りながら晴れ間を待ちましたが、中々絶好のシャッターチャンスが訪れません。



 


 


 


 仕方が無いので近くにいた登山者と交互に記念写真を撮って姥ヶ平を後にしました。



 


 


 


 ひょうたん池に寄って帰ろうと思いましたが、そこで偶然にもネビルさんとのバッタリがありました。 


早朝から茶臼岳や姥ヶ平周辺で撮影を続けているそうです。



 


 


 


私もネビルさんと一緒に青空を待つ事にしました。 



 


 


 


 粘った甲斐があって、僅かですがシャッターチャンスが訪れたのです。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


写真の出来は満足いくものではありませんが、 まあ、こんなもんでしょうか。



 


安・近・短志向の我々中高年にとって、那須岳は極上のパラダイスとなっています。


できればアルプスなんかにも足を運んで、素敵な風景写真を撮りたいという願望もあるんですが・・・。


また来年も近場で満足しちゃうんだろうな・・・そうしみじみと思います。