県民の森のレンゲショウマとの出会いは2009年8月のこと。


ブログを始めたのが2008年で、その年の8月にも僅かな情報を元に探索したが願いは叶えられず。



 


 


 


翌2009年は確かな情報を入手して再探索。


そして出会ったのが宮川渓谷歩道沿いの森の中。



 


 


 


その瞬間は余りにもあっさりと訪れた(^_^;)


森の妖精、森のランプとも言われる繊細な花に感動すら覚えたっけ。


 


 


 


 


まだその当時は県民の森のレンゲショウマを取り上げるブログは少なかった。


自分の記憶では翌2010年頃から多くのブログで紹介されるようになったと記憶している。



 


 


 


 



 


 


 


レンゲショウマは宮川渓谷を離れ森林展示館の裏手からキャンプ場に向かう途中でも見られる。



 


 


 


他の場所にもあるのだろうが自分は未確認。



 


 


 


毎年思う事だが、今回でレンゲショウマの撮影は最後にしようと・・・。



 


 


 


県民の森では株数の激減した希少な植物と言っても過言ではない。


そっとしておいた方が良いのだろうと思う事もある。



 


それなのにまた今年も足を運んでしまった。


理由は唯一つ・・・。


自分の思い描いた写真が撮影できず、毎度毎度撃沈してしまうからである。


来年こそはリベンジと思いながら、また森の妖精を探しにでかけてしまう。


そして性懲りもせず来年も・・・? 


 


 


 


ゲロゲ~ロ、嫌いな方はクリックしないでね♪