矢板市北部の上伊佐野地区にある「矢板市立郷土資料館」へ行って来ました。


統廃合により閉校となった旧上伊佐野小学校跡地を利用した公共施設です。


入館料 無料


開館時間 10:00~16:00


休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)


駐車場 あり(資料館北側または校庭)


その他 建物内は禁煙



 


 


 


~ 郷土資料館からのお知らせ~


7月21日~8月26日に多目的ホールにて「矢板の植物展」が開催されます。


高原山麓の絶滅危惧種を中心に矢板市に生息する植物が紹介されるそうです。


もしかしたら高原山に自生するというサクラソウなどの情報が得られるかも?


興味のある方は期間中に是非訪れてみて下さい。



 


 


 


 玄関から受付を入るとその奥に多目的ホールがあります。


この日は企画展前だったので展示物は無しでした。



 


 


 


 受付から右へ廊下を進むと教室を利用した常時展示室が数ヶ所あります。


矢板市の歴史的特徴を踏まえ、それぞれの時代ごとの郷土資料が展示されています。


江戸~昭和、弥生~戦国、旧石器~縄文、市内の自然などの貴重な展示物や昔の写真など。



 


 


 


 市のシンボル(花、木、鳥)に関する解説もありました。



 


 


 


 資料館近くには市指定天然記念物ナツツバキ(樹齢80年)の大木もあります。



 


 


 


 こちらは「矢板市野仏10選」の一つ上伊佐野野仏群。


数年前に野仏10選全てを探し出そうと試みましたが途中で挫折しました。


現在把握しているのは半分くらいかな?



 


矢板市民にとっては非常に興味深い資料館でした。


子供たちの夏休みを中心に開催される植物展ですが、大人でも十分楽しめると思います。


開催期間を忘れずに再訪するぞ~!