2011年ラストを飾るべき山をどこにするか迷いに迷って、結局は何度か歩いている益子の雨巻山へ。


県南の山も捨て難かったが、今回は準備不足もあり無難な馴染みの山となった。


大川戸を起点に縦走路が整備されているが、今回はまだ歩いていない足尾山沢コースから時計周りとした。


※(画像クリックで拡大)



 


 


 


尾根コースは過去に何度か歩いている。



 


 


 


沢コースは思ったよりも緩やかで歩き易いコースであった。



 


 


 


途中でコースを外れ往復10分の清滝へ。


残念ながら水は涸れていた。



 


 


 


コースに戻り再び沢筋の登山道を進む。


終盤の滑にはロープが設置されているが、水量の少ない時期はロープに頼らず歩ける。 


 


 


 


 


沢を上り詰めると尾根に出て間もなく足尾山へ。


山頂標識があったのか無かったのか?気づかず通過。



 


 


 


一旦下って急なクサリ場を登ると御岳山に到着。


ここまで約1時間経過。



 


 


 


山頂のベンチに腰掛け最初の小休止。


その後は緩やかなアップダウンの縦走路を軽快に駆け抜ける。


九十九折れの猪転げ坂をジグザグに登り、雨巻山沢コースとの分岐を過ぎれば間もなく山頂へ。



 


 


 


 


 


 


 


 


雨巻山頂には先客が一人。


日曜日にしては登山者の少ない日であった。



 


 


 


山頂から南へ数分の展望台へ行ったが、期待の富士山は雲が多く山裾がどうにか見える程度。


写真は加波山の奥に筑波山。



 


 


 


山頂に戻って昼食タイム。


途中のコンビニで買った天ぷらそばとお好み焼き風のパンで腹を満たす。


山頂近くに残されているブナ林。



 


 


 


復路は山頂から三登谷山尾根コースを辿る。


途中の見晴らしの良い場所で昼食中の単独男性と遭遇。


どこかで見覚えのある方だな?


と思っていたら、9月の尾瀬でもバッタリしたブログ仲間のえんさんでした。


暫し立ち話をした後に、「また何処かの山でご一緒しましょう」と別れを告げ最後のピーク三登谷山へ。



 


 


 


三登谷山頂から望む雨巻山。



 


 


 


スタートから約3時間半(休憩含む)で大川戸駐車場着。



 


陽だまりハイキングというには余りにも風が冷たい日であった。


それでも大満足の2011年ラスト山行となりました。


落ち葉で滑って転倒したのを除いて・・・(笑