11月26日(土)にブログ仲間のyamasanpoさんのお誘いで奥久慈竜神峡周辺を歩いて来た。


集合場所の竜神ダムPには前泊で来ていたraymariさんやtrekker-kさんなどお馴染みの姿があった。


全員揃ったところでyamasanpo隊長よりコース地図が渡され用意を整え出発となった。


(コース) 竜神ダムPスタート~ 北尾根経由~ふるさと村キャンプ場~亀ヶ淵~烏帽子岩


~上山ハイキングコース~明山~三葉峠~亀ヶ淵~遊歩道を歩いて竜神ダムPにてゴール。


所要時間約6~7時間。



 


 


 


竜神ダムからは遊歩道も整備されているが、今回は朝日に照らされて輝くあの尾根を歩いて行く。



 


 


 


 スタートは和気藹々と余裕の車道歩き。


今回のメンバーは健脚のyamasanpo隊長を先頭に左から不思議の国のネビルさん


仲の良いご夫婦raymariさん、そして欠点の見当たらないイケメン紳士trekker-kさんです。


trekker-kさんはraymariさんとの前夜祭で飲み過ぎたらしく本調子でない様子。



 


 


 


 途中から石段を登り尾根に取り付くが、ここからはいきなりの急登となる。


何となく調子の出ない自分は早くも序盤で汗だくであった(^^ゞ



 


 


 


眼下に竜神大吊り橋を見晴らす展望台で一息つく。



 


 


 


 さて、ここから先の尾根道が物凄く険しかった。



 


 


 


 きつい傾斜は勿論、油断のできない痩せ尾根を慎重に歩く事になる。


マニアックな山好き以外は歩かない場所という事ですが・・・確かに(笑)



 


 


 


 緊張による疲れが出てきた頃、大子アルプスも望めるという開けた場所での小休止。


序盤の難所を無事に通過し皆さんホッとした様子。



 


 


 


 



 


 


 


 その後、紅葉の美しいハイキングコースを経て竜神ふるさと村キャンプ場へと向かう。



 


 


 


 



 


 


 


キャンプ場からは奥久慈の名峰明山の姿が見えてきました。 


近くに見えるが道程はまだまだ遠い感じであった。



 


 


 


 キャンプ場からは一旦遊歩道に下りて亀ヶ淵を目指す。



 


 


 


雲ひとつ無い青空で、竜神峡周辺の紅葉も見頃を迎えていた。


険しい山道では口数の少ないメンバーも気楽な遊歩道では会話も弾む。


こんな一時もオフ会の楽しみである。



 


 


 


 



 


 


 


 竜神峡の名勝地亀ヶ淵に到着。



 


 


 


 小休止後は烏帽子岩を目指して険しい山道?(隊長以外には見えない道)を直登。



 


 


 


物凄い急登の連続で木の枝や笹、岩や他人の足など、兎に角何でも掴んで攀じ登って行った。


写真は余裕のある場所のみ撮影。



 


 


 


 そして、その急登の先には奥久慈の山々が望める烏帽子岩ピークがあった。


中武生山(なかたきゅうさん)も奥久慈の名峰のひとつ。



 


 


 


 ここから再び両手足おまけに尻をつきながら、必死の形相で急斜面を下りると竜神川に降り立つ。


済んだ水面に映りこむ紅葉が実に美しい。



 


 


 


 このコース最大の難所を乗り切り安堵の面々。



 


 


 


川を渡って尾根に取り付くが、この先は昨年歩いた上山ハイキングコースと合流する。



 


 


 


 暫くは美しい紅葉を見ながらの楽しい尾根歩きとなった。



 


 


 


今年の紅葉はどこも悪いと言われているが、こちらは中々どうして見事と言うしかありません。 



 


 


 


2ショットの似合う人気ブロガーraymariさんが歩く。 



 


 


 


実はこの辺りから写真を撮りながらも身体の異変を感じていた。



 


 


 


 ここ最近まともに山を歩くのは久し振り。


風邪をひいたり忘年会があったりと体調面での不安もあった。


案の定両足の大腿部に違和感が出て痙攣する一歩手前となる有様。


意識的にペースを落とし足の調子を伺いながら恐々と歩く事になった。



 


 


 


 その時グッドタイミングで正面に明山を望む露岩での休憩となった。


皆さんに頂いたミカンやお菓子を食べて力を補給。



 


 


 


 それでも痙攣の不安は残っていたが、三葉峠付近にて昨年の紅葉ハイキングでご一緒したお二人とバッタリ。


いつも拙ブログにコメントを頂いている和子&徹也さんご夫婦でした。


お二人と談笑している間にすっかり足も良くなり、あの明山への直登コースを何とか登りきる事ができたのだ。



 


 


 


 狭い明山山頂では多くのハイカーが昼食中。



 


 


 


 ここでランチタイムとする筈であったが予定変更を余儀なくされる。


慌しく山頂からの風景写真だけを撮影。


スタート地点の竜神大吊り橋。



 


 


 


奥久慈男体山、その他にも栃木の日光連山、高原山などが望めた。



 


 


 


 一旦三葉峠まで戻り、その先のベンチで暫しの昼食タイムとした。


下山は三葉峠から亀ヶ淵へのハイキングコースを辿る。



 


 


 


 こちらの紅葉もとっても綺麗でした。



 


 


 


心配された足の状態もここまで来れば問題なし・・・って、既に遅いですか? 



 


 


 


 亀ヶ淵からは舗装された遊歩道をのんびり歩いて戻ります。



 


 


 


 



 


 


 


 竜神大吊り橋が見えてくるとゴールも間近。



 


 


 


 



 


 


 


私には少しハードではあったが、yamasanpo隊長選りすぐりのコースは素晴らしく刺激的でした。


俺もあなた達ドMの仲間入り?(笑)


兎にも角にも素敵な仲間たちとの晩秋の奥久慈ハイクは思い出深い一日となりました。 



 


 


 


 最後に皆でジャンプ・・・は無理だったが、アダルトチームもヤングチームには負けられないぜ~!


今回案内して頂いたyamasanpoさん始め、参加の皆様楽しい一日を有難うございました!



 


 


 


 PS、夕方からのハイエース居酒屋ではハイペースで飲み過ぎて本性を現す前に敢え無くダウン。


当面は「ちょっとシャイなリンゴさん」というイメージにしておきましょう( ̄ー ̄)ニヤ...