お隣町(塩谷町)にある大平崎公園のヒガンバナが見頃を迎えた。


地元花の会の方々が11年前から植栽し数を増やしている。


 


 


 


 


実は10日前にも同公園を訪れたのだが、その時はまだ開花したばかりでブログ掲載はボツ。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


唯でさえ自己主張の強いヒガンバナの撮影には苦労しました。



 


 


 


 


 


 


 


 


標準レンズ(14-42mm)と望遠レンズ(40-150mm)ではこれが精一杯でした。


その違いが分かるでしょうか?



 


 


 


 アップの写真は殆ど望遠、それ以外の風景写真(最初の4枚など)が標準レンズでの撮影です。



 


 


 


 



 


 


 


広い公園内を探し回ったけど、白い花はありませんでした。 



 


 


 


 話題は変わって・・・


公園内の或る1本の木に大勢の人だかり。


聞こえてくる会話に耳を澄ますと、「この実、甘いね~」と何か摘んでいる様子。



 


 


 


興味津々でその場に行くと・・・


ん?どこかで見覚えのある実ですな~。



 


これって、確かヤマボウシの実でしたよね。


ジャムや果実酒などに加工して食べられると言うだけあって結構甘いんです。


一つ摘み食いしてみましたけど、それが何か?