毎度の事だが夏休みの山行が楽しみで、地図を広げてはどこを登ろうかと数日前から計画を練る。


今回選んだ山は群馬県の百名山2座。


ところがどっこい、最初の土日は野暮用もあり、仕方なく月曜日以降に車中泊にて決行とした。


しかし、関東、東北各地では不安定な天候が続くとの週間予報になってしまった。


天気予報にびびった訳でもないが、あっさり計画変更して今回は近場で済ます事と相成ったのである。


で、近場と言えば那須or日光、どうせなら歩いてない場所をという訳で・・・


急遽、那須岳の三斗小屋温泉経由での隠居倉を歩く事に前夜に決定した。


コースは峠の茶屋~峰の茶屋跡~非難小屋~三斗小屋温~隠居倉~峰の茶屋跡~峠の茶屋


行動時間は約4時間半でした。


 


 


 


朝の6時過ぎ、曇り予報に反してピーカンの青空でした。


天気が良ければ気分爽快、ルンルン気分でのスタートとなった♪


夏の日差しが照りつけるも、登山道には爽やかな風が吹き抜けて優しく頬を撫でる。



 


 


 


周辺には今が盛りのウラジロタデの大群生がわっさわっさ。



 


 


 


キラキラと輝く君の笑顔を逆光でもう1枚~♪



 


 


 


峰の茶屋跡から眼下に見える非難小屋への登山道を下っちゃいます。


何となく飛んでいけそうな気もしますが・・・。



 


 


 


非難小屋の中を覗こうと思ったけど何かが出てきそうで・・・(笑)。



 


 


 


三斗小屋温泉に向かって無間谷の橋を渡る。


静かな中にも清らかな水の流れがBGMとなってリズミカルに歩が進む。


自然と鼻歌が出て暫しの間のワンマンショーが始まった♪


森の奥の熊さん、この美声を聞いているかな~。



 


 


 


延命水・・・思ったほど冷たくは無かったね。


でも美味しかったよ~。



 


 


 


突然目の前に現れた煙草屋と大黒屋の二つの旅館。


歴史ある秘湯三斗小屋温泉に到着だ。


なるほど、雰囲気あるね~。



 


 


 


少しの間温泉宿を観察し、旅館の裏手より隠居倉への登山道に取り付いた。


そしたらね、距離は短いが凄い急登が待っていたのさ。


また足が攣っちゃいそう~!



 


 


 


白い噴煙を上げている噴気孔の傍を恐々通った。



 


 


 


その先の登山道から振り返ると、先週歩いた三倉山~大倉山の稜線が綺麗に見えた。



 


 


 


急な登りを休みながらスローペースで歩き、やっとのことで山頂にたどり着いた。


今日はゆっくり小幅で歩く事を意識していたので足が攣ることは無かったです。


広めの山頂を独り占めして久し振りのセルフ撮り~♪



 


 


 


山頂からの眺めは360度の大パノラマなのだ。


おっと、茶臼岳方面から雲が湧いてきたで~。



 


 


 


熊見曽根分岐から朝日岳に至る稜線も迫力あるね。


ここら辺の尾根歩き、大好きです。



 


 


 


なだらかな山容の三本槍岳もいいね。



 


 


 


裏那須の大峠~三倉山方面も雄大じゃの~。



 


 


 


山頂を下ると、稜線には信じられないほどのお花畑が広がっていた。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


熊見曽根分岐から隠居倉を振り返りましょう。


それにしても登山者の少ない静かな静かな道でしたね。



 


 


 


朝日の肩より朝日岳山頂を望遠レンズでズームイン!


何となく雨降りの不安が出てきたので今回は山頂をパスして下山しましょう。



 


 


 


朝はあんなに素敵なブルースカイだったのに、すっかりガスに覆われてしまった峰の茶屋跡周辺です。


夏山は天気が変わりやすいので早めの行動が基本ですね。



 


三斗小屋温泉~隠居倉(又はその逆)は紅葉の秋に再度歩きたいコースでした。