7月17日(日)に福島県下郷町で行われた三倉山山開きに行って来ました。


5時30分に音金登山口近くの神社で受付を済ます。


6時からは開催式典が予定されている。


コースはバス移動~大峠林道終点~大峠~流石山~大倉山~三倉山~空沢山~音金登山口(CT6時間30分)


またはその逆コース(CT8時間30分)がモデルコースとして案内されている。


参加者の体力や都合に合わせて途中で戻ったりと自由に選択できる。


送迎バスは大峠林道終点に待機していて、ある程度の人数が集まると音金地区まで送ってくれる。


今回は2年前の反省を踏まえて逆コースで行く事を選択。


前回は最初の花畑で時間を要したので、楽しみは後半にとっておく事とした。


5時40分、式典をキャンセルして逆コースを歩きだすと、同じような少数派の方が数名。


初めての登山道を一人で歩くのは不安だが、見える範囲で人の存在が確認できれば安心感がある。


 


 


 


神社脇の林道を暫く進み、途中から沢筋の道に取り付くと本格的な急登の始まりだ。


 


 


 


 


このルートで水場は前半に一ヶ所、唐沢山という名の由来か?他に水の流れは見当たらない。


鬱蒼とした森に日差しは遮られるが蒸し暑さは半端でない。



 


 


 


きつい山登りでは歩くのに精一杯でカメラを出す機会は僅か。 


この様な条件ではコンデジの方が良かったかな?


そして6時になった頃、麓では開催式典を知らせる打ち上げ花火が一発。



 


 


 


沢筋の道を登り詰めて尾根に出ると、少しばかり展望が開けてくる。


眼下に出発地の音金地区。


ここから空沢山までの傾斜は更にきつくなり何度も悲鳴が出る。


尚、登山道は良く整備され危険箇所は少ない。



 


 


 


全身汗だく、足にも疲労が蓄積した頃、ようやく空沢山(唐沢山)山頂に到着。


歩き出して2時間40分、予定通りのまずまずのペースでした。



 


 


 


ここまで同じペースで歩いてきた福島市から参加の中年男性らと小休止。


他にも5~6名の方々が腰を下ろしていた。



 


 


 


 



 


 


 


先が長いので5分くらいの休憩後に歩き出すが思うように足が上がらない。


体調から見るにオーバーペースは明らかだ。



 


 


 


 



 


 


 


やがて三倉山が間近に迫る。


あの山頂に立てばその先には天国のような緩やかな稜線が待っている。



 


 


 


登山口から3時間を要して三倉山山頂到着。


残念ながらガスに覆われ展望はなし。



 


 


 


 


腰を下ろして休んでいると、間もなく大峠からのコースを登ってきた1番手のハイカーが到着。


ここまで僅か2時間半、まるで走ってきたような速さ。


その方たちに話を聞くと、私たち同様逆コースからの1番手とは大峠付近で出会ったという。


まるでモンスターだ!



 


 


 


水分と栄養をたっぷりと補給、体調も万全となりこれから始まる花の稜線に向けて歩き出す。



 


 


 


 せっかちなナナカマド。



 


 


 


鞍部から大倉山へ登り返す。


三倉山から大倉山を経て流石山に至る稜線は福島と栃木との県境に連なる山である。



 


 


 


夏には多くの高山植物が咲き誇り、眺望も抜群で那須連山などが一望できる。 



 


 


 


 五葉の泉から眺める那須連山、主峰茶臼岳の迫力ある勇姿も望める。



 


 


 


 いよいよ待ちに待った花の稜線の始まりだ。



 


 


 


見た目には緩やかなアップダウンが続くが、体力消耗が顕著で少しの登りでも足が攣るハプニング発生。


寝そべって足を伸ばしてはリラックスさせた。


しかも汗で全身ずぶ濡れ状態となり、レンズが曇っていたのも知らずに写真撮影を続行。


大倉山を過ぎてから流石山までの間は失敗写真が多数。


下の写真はレンズが濡れていたためにピントずれの様になってしまった一例。



 


 


 


 流石山山頂付近でのランチタイム中に気付きレンズを拭く。



 


 


 


気を取り直して展望とお花畑を楽しみながらゆっくり下る。


何度も繰り返す腿の痙攣に怯えながら撮影。



 


 


 


 



 


 


 


この花(タテヤマウツボグサ)の写真を撮影しようと屈んだときにも攣ってしまいました(^^ゞ



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


朝は雲が多く心配でしたが、後半は青空も広がり最高の県境稜線歩きが楽しめた。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


かつて下野と会津を結ぶ会津中街道の要所となっていた大峠に到着。



 


 


 


林道終点に向かう道中で見かけたショウキラン。


yosiさんのブログで見たのと同じかな?



 


 


 


12時00分、音金登山口から歩き出して6時間20分、送迎バスの待つ林道終点に無事到着。


音金集会所に到着後は盛り蕎麦と冷たいお茶の嬉しいサービス。



 


今回は途中で腿が攣ってしまうなどの反省点もあったが、県境尾根の縦走も果たして満足の山旅となった。


稜線のキスゲその他の花も素晴らく見応え十分でした。


尚、足が攣ってしまった原因はご指摘の様に発汗によるミネラル不足も要因のひとつ。


それともうひとつは前半の急登でのオーバーペースによる筋肉の疲労。


先を急いだあまりに足に負担をかけてしまった。


最悪の場合は肉離れもあるというので要注意である。


山歩きの基本である「小幅でゆっくり歩く」というのを今更ながら肝に銘じた。