昨年よりも10日遅れで見頃となった那珂川町富山のイワウチワ。


先日イワウチワ群生地管理人補助の鈴木様より、今週が見頃とのコメントを頂いたので早速行く事にした。


富山地区には広大な群生地が2ヶ所あるが、今回は手前の駐車地から雁沢林道を片道1.4km程の所。


入り口までは車でも行けるが、沢沿いの道に咲く可憐な花を求めてのんびり歩いて行くのが自分流。



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


このイチリンソウは前日の雨に濡れて萎んでいたので帰りがけに撮影。


確か数株あったはずなのに残っていたのはこの1株だけ・・・?


どうやら戻ってくる間に誰かが引っこ抜いて持ち去ってしまったようだ。


これって盗掘にはならないの~?



 


 


 


 



 


 


 


イワウチワ群生地に辿り着く迄に随分花の写真を撮ってしまった(^^ゞ



 


 


 


さて、群生地入り口では地元の管理の方々がおでんや飲料水など来訪者への販売準備をしていた。


入り口を過ぎるとまずはショウジョウバカマがお出迎え。



 


 


 


ここから先の薄暗い林の斜面がイワウチワの群生地となってる。


それはそれは見事に咲き誇り、明るいピンクの花が一面に輝いていた。



 


 


 


屈んだり寝転んだり?色んな体勢で撮影に挑んだ。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


まだ午前の9時半ごろだが、可憐なイワウチワに魅了されて多くのカメラマンが来ていた。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


薄ピンク色のイワウチワはとっても可愛い花だが、撮影するのは難しく今回も見事撃沈!


元々せっかちで同じ場所に長居が出来ず、今回も滞在時間僅か20~30分の駆け足撮影。


次回こそは腰を落ち着けてじっくり撮影したいものである。



 


それにしてもこの花園はカメラ愛好家にとっては天国だ!