栃木県内にも富士山の眺望地、所謂富士見台なる場所が幾つもある。


自宅から近い場所では高原山(約20Km)、大田原市の御亭山(約35Km)、そして宇都宮市の羽黒山(約23Km)などが主な所。


 距離の一番近い高原山は途中から山歩きになるので時間にするとお手軽とは言えない。


宇都宮市の羽黒山は車で山頂近くまで行けて簡単に富士山が眺められる。


自宅から僅か20~30分。



 


 


 


 



 


 


 


この日は時間が遅く期待薄で富士見台に向かったがどうにか肉眼で確認できた。


一眼と言えども標準の14-42mmレンズでは撮影するのは容易でない。


写真中央に微かに見えるのだがどうでしょう?



 


 


 


こんな時の為に久し振りにコンデジの登場である。


画質は落ちるが電子ズームを最大にして何とか撮影に成功。


もう少し早い時間なら鮮明に見えたかも知れません。


標高458.2mの羽黒山より約180Km離れた富士山を望む。



 


 


 


西の富士山と来れば東の筑波山。


 


 


 


 


ついでに日光連山。



 


 


 


実はここに至るまでにはちょっとした失敗談があった。


山頂に立つには車で神社手前のPまで行くか参道を登れば問題ないが、あるブログで知った南東尾根ルートが気になっていた。


今里町の参道入り口にあるユッピーの森から取り付く尾根だが、GPSや読図を駆使しなければ到底突破不可能な道である。


未だに登山初心者の私はネットでの情報頼りに手ぶらでの無謀な挑戦を考えた。


僅かな踏み跡を辿って篠井富屋連峰方面の展望が開ける伐採地までは無難に進んだ。



 


ところがその後、自分には手の付けられない程の薮に進路を阻まれ彷徨う事数十分?


とても長く感じたが実際は10分程度。


結局ルート探索を諦めて車にて羽黒山まで行った次第です。


このネタはお蔵入り予定だったが富士山眺望をメインに公開する事とした。