雲ひとつ無い冬晴れの朝、子供会育成会による廃品回収が行われた。



 


以前は役員と子供達が軽トラで各家庭を回り廃品を回収していた。


現在は児童数減少により規模を縮小し、収集場所への持ち込みとなりお年寄りだけのお宅のみ役員が回ることになった。


回収可能な廃品は新聞、雑誌、ダンボール、酒ビン、アルミ缶など再利用できるもの。


それらは専門の廃品回収業者に引き取られ換金される。


また、市からの奨励金も出るので相当額の資金となる。


勿論その使い道は子供達の部活の用具代や子供会活動の役に立てられます。


 


 


 


実はこんな内容のブログを以前にも書いた記憶がある。


ブログを始めたのが丁度この時期の3年前(2007年12月)。


その記念すべき最初の記事が廃品回収だったと記憶する。


その時は既に育成会とは無関係であったが、以前育成会会長を務めさせて頂いた縁で行事には協力していた。


そのブログは諸事情により約半年で閉じてしまったが、思い出深い記事であったので再登場させてみた。