奥日光の刈込湖・切込湖ハイキングの続きです。


涸沼を後に次なる目的地光徳牧場を目指した。


涸沼から山王峠までがこのコース一番の急坂であった。


山王峠手前の見晴らしで休息し呼吸を整える。


正面に聳えるは山王帽子山(2077m)。



 


 


 


周辺にはリンドウが咲き始めて早くも秋の気配。



 


 


 


峠を越えるとその先は下る一方の道。


下山途中で道の真ん中に腰を下ろし休憩中の若いカップルと遭遇。


良く見ると東南アジア系の二人で、女性はタンクトップに短パン姿。


とりあえずは挨拶を交わし道を譲ってもらった。



 


 


 


光徳牧場でもスケッチしている方々がいた。



 


 


 


牧場の先にある光徳沼周辺はスノートレッキングコースとしても有名。



 


 


 


R120を跨いで戦場ヶ原に出るが、入り口を探すのにちょっぴり道迷い。


後から来た熟女3人組と周辺を右往左往してしまった(・・;)



 


 


 


暫くは景色や花々を眺めながらの木道歩き。



 


 


 


湿原には ホザキシモツケがまだ咲いていた。


 


 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


 この開放感が堪らなく好きです。



 


 


 


戦場ヶ原を後に樹林帯に入ると流れの美しい湯川沿いを進む。


このエリアはキャッチ&リリースでしょうか?


川の中にはフライフィッシングをする釣り人が沢山いた。



 


 


 


観光客で賑わう水量豊富な湯滝。


金髪美人さんの横顔は絵になります。



 


 


 


注目の的 、 こんなところにも釣り人が・・・?!



 


 


 


湯ノ湖に出ればゴールは近い。



 


刈込湖から涸沼、光徳牧場、戦場ヶ原経由でのハイキングコース。


歩いた距離もたっぷりで(約12~13km)、猛暑の中でも爽やかな奥日光を十分満喫できた。


 


※追記 


実は今回のハイキングには別の目的がありました。


目的地は涸沼。


残念ながら他のハンターに先を越され、2個目のお宝GETはなりませんでした。


もしお宝をGETしていれば、全く違った内容の記事になっていたでしょう。


以上。